収集癖を利用して10年続く貯金ルール




 

普段は全く意識せずに生活し、おや?と気づいた時にだけ貯金するという10年ほど細々と続けているとあるマイルール貯金があります。

 

10年というのはざっくりで、もしかしたら10年以上続いてるかもしれません。いつ始めたのかも覚えてないくらいのーんびりやっているものだから、貯金という意識もない。どちらかというとコレクションとして「集めている」という感覚。

 

だから10年経っても金額的には1万円を超えたくらいと、貯蓄としては心もとないものです。

 

でもこのコレクター魂を刺激されるこの方法は、集めれば集めるだけ愛着が湧いて使いづらくなる=結果貯金になっているという私には非常に向いているやり方です。

 

「使うのがもったいない」という気持ちは貯め込むには最適ですもんね。

 

そんな貯金のルールは1こだけ。

 

製造年が自分の生まれ年の硬貨を集める。

 

です。1円、5円、10円……と硬貨の種類はさまざまですが、私は100円玉でやっています。過去10円玉も並行してやっていましたが、10円玉をたくさん集めても金額的にはしょぼいし(失礼)、硬貨って案外重いから管理しづらいし、何かあった時にじゃらじゃらとレジに出しづらいので途中でやめました。500円玉は硬貨自体が新しくなって、今となっては昭和のものはほぼ流通していませんしね。

 

 

100均のコインケースに入れています。今はやってませんが以前は製造年関係なく100円玉を集めていたので、ぱっと見で特別100円玉(自分の生まれ年硬貨)のケースだと分かるようみかん(オレンジ?)のシールを目印に貼っています。

 

1本5,000円、2つで10,000円。この100枚全てが自分の生まれた年に作られた100円玉♥ なんというかね、もうこの無機質なお金たちに愛情しか感じない。シールも含めて可愛い。1枚たりとも使えないわ。

 

といいつつ、過去1度だけ間違って使ったことあるのです。当時はまだ目印シールを貼っていなかったので、特別100円玉を普通の100円玉だと思い込んで1本まるまる使っちゃったー。あの時の衝撃はかなりのものでかなり凹んで引きずったので、二度と間違えないように!!!とシールを貼ったのでした。ついでに普通の100円玉集めるのやめました。紛らわしいから。あと貧乏になった時期があったから。

 

これはじめると、財布の中の100円玉の製造年月日をチェックする癖がつくよね。1万円分を区切りにしていたけど、貯まった後も財布の中の硬貨をチェックする習慣だけは抜けず、生まれ年コインを見つけてしまったら使うのが惜しくなって貯め込んでしまいます。

 

自分の生まれ年前後の100円玉見つけたら「惜しい!前後賞!」ってゲーム感覚にもなってます。

 

こんなマイルール貯金ですが、ケースからはみ出た100円玉が10枚を超えたので、そろそろ新しいコインケース買いに行こうかなと思う今日この頃でした。

↑こうして書いておかないと、100均行ってもいつも買い忘れる。

 

どうでもいい情報ですが、店によってコインケースが丸型と四角型で異なっていますが、個人的にはコロンとした丸型(今使っているやつ)が可愛くて好きです。いちおう実体験。

 

参加中


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ  

広告

 

【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com

PVアクセスランキング にほんブログ村

ABOUTこの記事をかいた人

地方都市(田舎成分多め)在住のアラフォーおひとりさま。 2015年9月より1Kの賃貸で一人暮らし開始。 身も心もシンプルイズベストな暮らしを目指しつつ好き勝手に生きてます。