一人暮らし2年目は正月を楽しむ準備をします。




2015年秋に始めた一人暮らし。

昨年はまっったくと言っていいほど何もしなかったので、今年はちょっぴり自宅でお正月気分を味わいたいと……そう思うくらいの余裕が生まれました。

金銭的に。

きれいごとを言っていても、世の中お金だと思うシーンは多いですからね。昔話の「かさこじぞう」じゃないけれど、お金がなければお餅も買えません。

一人暮らし2年目の今回は、ささやかながらお正月っぽく過ごしたいと思います。

 

1.正月らしさとは

まずは基本。お正月らしいことといえば、何があるでしょうか?

  • 初日の出を見る。
  • 初詣に行く。
  • お餅・雑煮を食べる。
  • おせち料理を食べる。
  • 年賀状チェック。
  • お年玉
  • テレビ三昧

思いついたまま書いてみました。もう少し時間の幅を広げて年末年始にしてみると、

  • 大掃除
  • 正月飾り
  • 実家に帰省
  • 除夜の鐘
  • 年越しそばを食べる。
  • ガキ使を見る。

このあたりが追加できそうです。

正月に対するイメージは人それぞれですが、こういうのは性格が出ますね。私は食に偏っている気がします。

ネットでも検索してみると、上記以外ではこんなものがありました。

  • 旅行へ行く
  • 屋外で年越し(ディズニー、USJほか)
  • 友人、恋人、家族とカウントダウン
  • 年末詣(ねんまつもうで)をする

へぇ全然思いつきませんでした。友達少ないのバレた。

それはいいとして。

大掃除、正月飾り、年越しそば、餅、雑煮、おせち、テレビ三昧、初詣

あたりができそうですね。おせちとか一部実家じゃないとできないものもありますが、実家に入り浸る予定もあるので、多分大丈夫。

初めて知った年末詣も、なかなか興味深いので候補に入れることにします。

以上をこなすことによって、お正月を満喫したいと思います。

 

2.さっそくお正月モードを実感

12月29日が仕事納めでした。することも電話もほとんどなく皆早く帰りたいムードが漂う中、思いつきで正月を堪能することに決めた私は真面目に仕事をしているような顔をして作った買い物リストを手に、退社後某イオンモールへと向かいました。

さっそく受ける年末年始の洗礼。

駐車場いっぱい。人もいっぱい。ここに来れば必要なものは一通り手に入る……考えることは誰しも一緒でしたね。

帰省で一時的に都会の人口が減るということは、私たち田舎側は人が増えるのですよ。ジジババたちがめっちゃ張り切って帰省してくる子や孫たちを迎える準備をする。そんな時期だったことをすっかり忘れていました。

あの手この手で消費意欲を煽ってくるお店に対抗するには、買い物リストは非常に有効でした。少々浮気しましたが、誘惑にも負けず人ごみにも負けず、概ね予定通りの買い物をこなし帰途に着きました。

帰り道も信号の渋滞に引っかかって疲れました。田舎なのに人が多いなんて詐欺だ。

 

大掃除という名の普通の掃除をする。

明けて30日。

寒さを振り切り、朝7時半に掃除スタート。

最初は水槽洗い。魚を飼ってるのです。ベタ(熱帯魚)水槽とメダカ&エビの混合水槽。その後はトイレ掃除と部屋の掃除。

これらは毎週やっているので難なく終了。その後はたまにしかやらない冷蔵庫、玄関、窓を片付け、まだまだ余裕があったので、台所の吊り戸棚やシンク下のものを全部出して掃除してみた。動かないと体が温まらないから片っ端から拭きまくってスッキリ。雑巾真っ黒。

おお、出来る人みたいだ。

風呂周りは先週やったので割愛。

やっぱり適当な人だった。

気がすむまで掃除をしたら、いよいよ正月飾りの出番です。

田舎特有(?)のお裾分け文化によって我が家にやってきた千両という赤い実の枝と、前日に購入したニセモノの鏡餅。

鏡餅 使い終わったら小さく砕いて捨てられる。

シンプルライフに優しい「サトウのやさしい鏡餅」。

中に入っている餅は食べてしまえばいいし、跡形もなく手放せて良いですね。

 

鏡餅と千両

完成。

しめ縄などはありません。我が家はシンプルにこれだけ。

花瓶を持ってないのでドンキで買った真空断熱タンブラーに挿してみたけど、意外に良いかもしれない。ちなみに花瓶の第2候補は、沖縄のやちむん通りで購入したカッコイイ湯のみでした。

 

お正月らしい食べ物を揃える。

大掃除、正月飾りと順調にこなした後は、年越しそばと餅の準備ですね。

そば そば湯も飲めるそば

もち 昔ながらの手作り感たっぷりの丸いお餅

ほれぼれするくらい完璧です!

冷蔵庫の掃除をしている時に、そばつゆ(めんつゆ)がないと気づいたこと以外は。

明日買おう。ネギは冷凍したのがあるし、せっかくだからエビ天も買おう。

おせちと雑煮は実家に頼ります。

 

3.年末詣をする。

ねんまつもうで。

聞きなれない言葉ですが、昔からある習慣のようです。

初詣(はつもうで)はよく聞きますね。新年を迎えて神社やお寺にお参りして、一年の健康と平安その他を祈念し、おみくじを引いて一喜一憂しつつお守りや破魔矢などをお持ち帰りするやつです。

では、年末詣とは?

上記の初詣のリンク先にも書いてありますが、私がネットからいただいた情報を適当にまとめたものによると、

「今年1年を無事に過ごせたことに感謝し、お礼を伝えること」

が目的のようです。

元々は年をまたいでの行事だったそうですが、そのうち大晦日に行う「除夜詣」と新年に行う「元日詣」に分かれ、元日詣(初詣)の方が広まっていき今に至る、といった感じです。

私が知らなかっただけで、年末詣も昔から連綿と続いていた行事だったのですね。

それどころか、年末詣の方が開運パワーが強いなどという耳寄りな情報も。その理由として、

  • 昔は冬至(12月22日前後)を新年とみなしていた為、冬至後すぐに来る年末は神様の力が強い。
  • 年末の大掃除直後で神社がとっても綺麗=清浄な空気の中お参りできる。神様もご機嫌。
  • 初詣は人間の勝手なお願いばかり聞かされて、神様もうんざり。

とありました。ホントかな?

どちらにしろ今年は貯金ができるように生活が改善できたので、そのことを報告しに行ってきました。

あと、これもまた私は知らなかったのですが、神社でお参り(お願い事を)する時には、自分の住所と名前を名乗ることを忘れてはいけないそうです。

わー、知らなかった。どうりで全然願いが叶わないと思ったよ(笑)

二礼二拍手一礼は知っていたけれど、名前と住所は今まで言ったことないです。確かに、どこの誰かも名乗らずに一方的にお願い事だけするのは失礼ですね。

今回は忘れずに名乗ってきました。もちろん心の中で、ですけど。

また参拝後にカフェ等でお茶をして帰ると、より一層運気が上がるとのこと。直会(なおらい)という行事の簡易バージョンです。

残念ながら神社と我が家の間にカフェらしいものは何もないので、この行事はパスしました。

家に帰ってから思いついたのですが、自動販売機のお茶でも良かったのでしょうか? 自動販売機は財布の敵という信念とともに日々生きていますが、運気が上がるのならば少々の散財も許されるというものです。

初詣時に試してみたいと思います。

 

 

4.そんなわけでもうすぐ2016年も終わります。

年内最後の洗濯も終わり、綺麗なシーツとパジャマで迎える新年は清々しいですね。

これからそばを茹でて、ガキ使を見ながらも眠くなったらさっさと眠り、新しく始まる年に備えたいと思います。

年明け早々ニューイヤー駅伝がありますからね。ここ10年以上、私の一年はニューイヤー駅伝と箱根駅伝で始まり、3月のびわ湖毎日マラソンで終わりを告げます。

新年早々3日間に渡って熱い戦いが繰り広げられますからね。正月3が日はテレビ三昧になるしかありません。初売りに出かけるなどもってのほか、レースの行方以外眼中にありません。初詣はニューイヤー駅伝が終わって余韻に浸ったあと行きます。

ちなみに残りの月数は、秋の出雲駅伝が始まるまでの消化期間です。やる気なし期間です。

 

番外

某イオンモールは誘惑の宝庫でした。

特に福袋。ザクザク置いてありました。

5〜6年ほど高い勉強代をつぎ込んで「福袋を買っても着られるものはほぼない」とやっと思い知ったので、もう衣料系の福袋を買うことはありませんが、食品系にはいまだにホイホイされます。

 マイサイズ福袋(¥1,080)

バランスパワー バランスパワー福袋(¥540)

どっちも保存食兼用で、自炊が面倒くさい時に食べる用。

買い物リストにない福袋を買ってしまいましたが、食べきる自信があるので無駄ではありません。

駅伝観戦しながら食べちゃうかもね。それもまた良し。

これで準備万端、自宅で気持ちよくぐーたらな年越しができそうです。

 

では皆さま、良いお年を。

参加中


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ  

広告

 

【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com

↓↓ ネットでのお買い物前に経由するだけでポイントが貯まります。↓↓

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

↑↑ 貯まったポイントは現金に。↑↑

PVアクセスランキング にほんブログ村

ABOUTこの記事をかいた人

地方都市(田舎成分多め)在住のアラフォーおひとりさま。 2015年9月より1Kの賃貸で一人暮らし開始。 身も心もシンプルイズベストな暮らしを目指しつつ好き勝手に生きてます。