新年明けて3日でもう来年が待ち遠しいです。

遅ればせながら、新年あけましておめでとうございます。

今年も例年通りひたすら駅伝三昧のお正月を満喫し終え、いささか抜け殻気味です。もう1年の半分が終わった気分で寂しい…。これがお正月の駅伝ロス。

自宅でお餅を頬張りながら、若者たちがひたむきに走る姿を誰にも何ものにも邪魔されず見続けることができる……こんな幸せどこにもありません。負け惜しみとか冗談抜きで「おひとり様で良かった」としみじみ思います。

好きなことを好き勝手できるのも全て、私自身が健康で幸せに暮らせていられるからこそですね。ありがたいことです。

2017年も平和で健康に過ごし、また次のお正月も駅伝観戦に燃えたい! そんな一年の計を立ててみました。

 

スポンサーリンク

幸先がいいかも? 初詣。

元旦。実業団の選手たちが走るニューイヤー駅伝が終わる(TV中継が終了する)のが午後2時過ぎ。熱戦の余韻に浸りつつ徒歩10分かからない神社へとお参りに行きました。

年末にも行ったのですが、その時は2016年の報告とお礼がメイン。今回はお願い事をするのが目的です。

今年は雪も降らず良い天気に恵まれたおかげか、この時間帯でも人が多いです。ゆっくりマイペースに動きたいのですが仕方ないですね。後ろの人を待たせつつも抜かりなく神様にお願いしまくり、いざ社務所へ。

お守りとおみくじは大事です。

たいてい末吉か吉、良くて中吉の私ですが、なんと今年は大吉。

おみくじ

この文字を拝むのは20年ぶりくらいではないでしょうか。

今年も一人旅を目論んでいたのですが、これはもう誰かと一緒に行かねばなりませんね。

商売は投資と読み解きました。見込みあるのかー、今年はいよいよ株デビューするぞ。

イマイチなおみくじは神社の木の枝にくくりつけて置いて帰りますが、良いおみくじだったので持ち帰ってお守りと一緒に一年を過ごす予定です。

 

良いものを見た。箱根駅伝。

日本人選手のみで構成された旭化成が、並み居る強豪を押しのけニューイヤー駅伝を制しました。

それに引き続き、青山学院大学が箱根3連覇、同時に大学3大駅伝と言われる「出雲駅伝」「全日本大学駅伝」「箱根駅伝」のタイトルを獲り3冠を達成しました。

その全ての瞬間に、テレビ越しとはいえ立ち会えたのが嬉しいです。良いもの見ました。眼福です。

私の母校は箱根どころか3大駅伝のどこにもかすらないので、割とフラットな目で駅伝を観戦できるのではないか、と思っていたのですが、長年見続けているとどうしても肩入れしたくなるチームが出てきますね。

応援している青山学院大学ももちろんですが、他のチームも「おお、すごい頑張ってる」と小躍りしたくなるような場面をいくつも見られてテンション上がりました。

毎回どこかしらいいシーンを見させてもらえるのだから、正月を駅伝三昧で過ごしても悔いはないですね。親なんかは呆れ気味に「いつも一緒」と言っていますが、全然違うよ!

箱根駅伝が終わるたびに「私も頑張らないと」と思うのですが、日々の生活でその気持ちがいつのまにか消えているのが現状です。反省ですね。

 

ぜい肉を断捨離したい。出だしは好調。

毎年誓うダイエット。

そして毎年失敗しているダイエット。

今年こそは増えた体重を元に戻したいです。毎度毎度年末に誓いを立て、正月3が日は比較的うまくいくのです。

何故ならば、前述通り駅伝三昧の日々を送っているから。

朝7時やら8時にテレビ中継が始まり、終わるのが午後2時頃。その間は基本テレビの前から離れないので、飲み食いが自然とおろそかになるのです。そしてテレビ終了後も余韻に浸っているので、飲食を忘れがちです。夜などは、ごはんよりテレビやネットで駅伝関係のニュースを読み漁るので忙しいです。

食べてないのに全然平気という……それが仕事が始まり通常の生活に戻った途端、自重が効かず食べまくり。

このパターンの繰り返しを、どうにかしなければいけません。家にいる間、延々と駅伝やマラソン映像を流し続けておけばいいのか。ちょっと違う気もします。

今年は何か運動を始めようと思います。ジョギングが素人向けでしょうか? 試しに駅伝情報のついでにネットでランニングシューズやウェアの検索をしてみたところ、膨大な情報が出てきてクラクラしたので、まずはスポーツ用品店へ突撃してきたいと思います。

 

まとめ

ということで、2017年の一年の計ですが、

  • 誰かと旅行する。
  • ドキドキ株デビュー
  • 何かを頑張る(←早いうちに決める)
  • 運動を始める(候補はジョギング)
  • ぜい肉を落とす。
  • 2018年の正月も駅伝三昧で過ごせるよう、健康と幸せをキープする。

とします。

またその過程をブログに記録することで、モチベーションを切らさないようにできたらと考えています。

 

こんな感じで今年が始まりました。

このブログもどう転がっていくのか今はまだ分かりませんが、来年の今頃もまた同じようなことが書けていたらいいですね。

では一年よろしくお願いいたします。