甘くないリンゴを美味しく食べる方法




 

先日、スーパーでりんごを買いました。

 

店頭に燦然と輝くメロンやマンゴーと比べたら、だんとつに安かったからです。ちょい傷みもあったしね。

 

さっそく自宅にて食すこと数秒。

 

「いまいち」

 

りんごの固さも汁気もちゃんとあるのですが、なんというかいまいち。ジューシーさがない。

 

旬から外れているから、こんなものかもしれません。

 

そんな時はジュースにしたり製菓素材にしたり、ジャムに加工するのが一般的なのでしょうか?

 

ズボラは遺伝の我が家のやり方は、超簡単です。砂糖も使わずあっという間(?)に甘いりんごに変身させています。

 

用意するもの

りんご、包丁、まないた、耐熱容器、ラップ、電子レンジ

 

食材としてはりんごのみ。

 

↑の準備物リスト見たらだいたい何をするか想像つくかと思いますが、念のため手順も記しておきます。

 

作り方

 

1.綺麗な台所スポンジ等でりんごを流水でよーーーーく洗う。

洗剤を使わないのがポイントです。なぜなら皮ごと食べるから。野菜用の洗剤もあるかもしれませんが、我が家には関係のないことです。

 

とにかく水でよく洗う。ゴシゴシ洗う。ここが今回の肝。

 

2.食べやすい大きさに切る。

今回は八つ切り。芯も取っておく。

 

3.耐熱容器に入れラップをかけて、レンジで5~8分

↑あまり良くない例。このくらいギュウギュウでもレンチンしたら縮むから問題ないですが、結構無理やり突っ込んだので、容器は余裕があった方がいいと思います。

 

今回は500Wで6分。

 

4.完成

レンジ直後。

ラップを外したとこ。ね、だいぶ縮んだでしょ。

 

たったこれだけで、甘いりんごになっています。

 

レンチン直後に食べると口の中を大やけどするので、少し冷ましてから温かいのを食べるのもよし、冷蔵庫で冷たくしたものを食べるのもよし。どちらも甲乙つけがたいです。

 

これからは暑くなるので、冷たいデザートが美味しく感じられる季節ですね。

 

あとレンチンすると、底の方にりんご100%な果汁が溜まるので捨てずに飲むのが吉。甘くて栄養たっぷり、おまけに掛け値なしに美味しい。

 

以上、りんごの栄養素をまるごと摂れる簡単料理(?)のご紹介でした。

 

お試しあれ。

 

参加中


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ  

広告

 

【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com

PVアクセスランキング にほんブログ村

ABOUTこの記事をかいた人

地方都市(田舎成分多め)在住のアラフォーおひとりさま。 2015年9月より1Kの賃貸で一人暮らし開始。 身も心もシンプルイズベストな暮らしを目指しつつ好き勝手に生きてます。