ダイエットの救世主になるか? 第2弾




 

ダイエット中に体重・体脂肪を計るというのは基本的な行動だと思いますが、それが面倒で面倒で仕方ありません。

 

正確に言うと、計るのはいいのですがそれを いちいち記録するのがイヤ なのです。入力とか超めんどう。

 

記録媒体はノートや記録用紙等のアナログだったり、パソコンやスマホのアプリといったデジタルだったりと人によるのですが、私はどっちも続かない。

 

毎日ちょっとずつとか毎日こつこつと、っていうのが出来ないんですよねー、子どもの頃から。夏休みの宿題なんて、休みが始まった3日目くらいまでにガーッとできるところまでやって力尽き、残りは休み終了1週間前あたりから焦り始める。っていうのを高校卒業まで懲りずに繰り返しました。朝顔の観察日記なんていつのまにか観察対象が枯れてて、途中の日記をねつ造するの大変だった。計画性皆無!

 

という事で大人になった今でも、いつの間にか記録が途絶えている→計る事すら忘れてる=ダイエットの事すら忘れてるというダメダメパターンに陥ってます。

 

そこをなんとかしないと!と、このたび一念発起して(?)ITの力に頼ることにしました。自分で出来ない事はサクッと機械任せ!!

 

ブルートゥースで専用のスマホアプリにデータ送ってくれる体組成計。約4,000円で送料込み。

 

私がすることと言えば、アプリ立ち上げてコレに乗るだけ。便利! 超便利!! こちら側の期待に対してあまりの安さに機能的に何か問題があるのでは?と疑心暗鬼になって紹介せずにいましたが、3ヶ月経っても特に不具合もなく、データの蓄積が続いています。快挙だよ! 何なら朝・晩の2回も計っちゃうよ。ただデータの蓄積のみならず体重増加も続いている。

 

ではここで、3ヶ月ほど計り続けた私の主観でもって良い所といまいちな所を書いていきますね。

 

良いところ

 

 勝手にスマホに記録してくれる 

アプリ立ち上げるのを忘れなければ、体重・体脂肪率その他(水分量とか内臓脂肪量とか筋肉量とか)を勝手に記録してくれるのです。いちいち入力する手間がない! 素晴らしい、買って良かった!

 

 iphoneのヘルスケアにリンクしている 

左が専用アプリ、右がヘルスケアというアプリ。蓄積されたデータは「ヘルスケア」で見ることが出来ます。後述しますが、とある理由から私はこちらのヘルスケアの方で記録を見ています。歩数計などもまとめて確認できるし、自動的にグラフ化もしてくれるのでヘルスケア大活躍中。

 

 見た目が白くていい感じ 

箱に写真付いてたので分かると思いますが、シンプルな見た目でインテリアとしてはどうかと思いますが部屋に置いておいても邪魔にならないです。

 

いまいちなところ

 

 専用アプリの見た目がアレ 

使ってもらえれば分かりますが、アプリで性別を「女」にしてもイメージは全部この おっさん です。老若男女もれなくこのおっさん。せめておばさんも用意しておいてほしい。このおっさん見るたびにテンション下がるわ~。妙に笑顔なところがまたイヤ。

 

たったこれだけの理由で、私はヘルスケアを選びます。

 

 ちょい大きい 

データを転送してくれない普通の体組成計(左/パナソニック)との比較。完全に好みの問題ですが、コンパクトな方が好き。まぁ薄いから邪魔にはならない。

 

 体脂肪率がいいかげん(かも) 

パナソニックの体組成計と今回購入した体組成計。腹立つくらい体重は完全に一致するのに、体脂肪率は8%くらいの差があります。パナソニックの方が低く表示される。私に忖度してくれるいい子。

 

気持ちとしてはパナソニックの体脂肪率を選びたいところですが、現実を直視するためにあえて高い方の数値を受け入れます。毎回ぐっさりくるわ。

 

使い始めて3ヶ月ほど経った今でも、どちらの数値が正しいのか分かりません(ジムでの計測をサボり続けている)

 

他にも何かあったかもしれませんが、ぱっと思いつくものを挙げてみました。レコーディングダイエットすら続かない、というズボラな人にはぴったりな体組成計です。

 

着々と外堀を埋めていっているので、あとは本人の根気次第! それがあれば今頃スリムだけどね。

 


1byone 体重・体組成計・体脂肪計 スマートスケール ヘルスメーター 体重 体脂肪率 体水分率 推定骨量 基礎代謝量 内臓脂肪レベル BMI測定可能 Bluetooth対応 【 送料無料 】【 一年間製品保証 】

 

参加中


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ  

広告

 

【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com



PVアクセスランキング にほんブログ村

ABOUTこの記事をかいた人

地方都市(田舎成分多め)在住のアラフォーおひとりさま。 2015年9月より1Kの賃貸で一人暮らし開始。 身も心もシンプルイズベストな暮らしを目指しつつ好き勝手に生きてます。