あなたの平熱は何度? 体温を上げたい。

 

悲しいことにアラフォーにもなると、自分の健康と向き合わざるを得ない場面が増えてきます。

 

その一つが『冷え性』

 

冬になると、足首のあたりを中心に冷えて冷えてどうしようもなくなるのです。何これ、これが骨から冷えるってやつ? 寒い&痛くて超つらい。

 

って症状に2~3年ほど悩まされていました。

 

なのでちょうど去年の今頃、2016年の春に一念発起して冷え性対策を始めました。

 

1.やったこと

 

とはいえ、根がいい加減で面倒くさがりでズボラな私のこと。継続は力なりって言葉とは無縁に本能の赴くまま生きているので、手間がかかったり面倒なことは絶っっ対に続きません!

 

やる気を出させようと思ったら、食べ物・飲み物系で釣るしかありません。動物レベル…。

 

そうして選ばれたのは、生姜紅茶でした。

 

作り方は簡単。ティーバッグで普通に紅茶を作った後、生姜チューブを適当に入れるだけ。

 

これを毎日飲みました。

 

コーヒーは体を冷やすけど紅茶は体を温めると知り、あほみたいに飲んでいたコーヒーにきっぱり別れを告げました(最近は2~3日に1杯程度のペースで復縁しましたが)。

 

生姜はその都度すりおろしたものがいいんでしょうけど、面倒なのでチューブで妥協しました。質にこだわるより「続ける習慣」を作る方が大事と考えたからです。

 

最近はチューブから一歩進んでパウダータイプのものを使っています。粉末化したことで成分が濃縮されているのか、生姜のピリピリ感がクセになります。

 

生姜紅茶を日々の習慣として取り入れたおかげかどうかは不明ですが、今年の冬は「骨が痛い(痛寒い)」ってことはありませんでした。ブラボー!

 

プラシーボ(偽薬)効果かもしれませんが、何重にも穿いた冷え取り靴下でもダメだったのが、1年間続けた生姜紅茶で改善できたのは私にとっては画期的です。

 

簡単に習慣化できましたし、これからも続けられる自信がつきました。

 

 

2.新たに始めたいこと

そして今年の春。

 

冷え性対策も含め、新たに始めたい健康習慣はこちら。

 

 ハサミじゃないよ。

 体温計だよ。

 

体温を上げる! です。

 

健康な人の平熱って、36.5~37.1度 なのだそうです。知らなかった。

 

体温が上がると血流が良くなり免疫力も高まりますが、体温が下がると免疫力が落ちさまざまな病気にかかりやすくなります。

 

50年前の日本人の平均平熱が36.8度であったのに対し、今はそれより0.7度くらい低いそうです。

 

日本人のがんの罹患率が高くなったのも、この低体温と関係しているのでしょうね。

 

平熱をあげることによって、冷え性もなくなり肩こりや腰痛からも解放され、病気にもなりにくくなる……平熱を上げるだけで体にとってはいいことばかり起こります。

 

冷えがだいぶ改善した今年、私は平熱を上げたい。

 

いそいそと体温計を買いました。

 

記念すべき初測りは36.2度。うーん、普通。学生時代は35度台が当たり前だったので、36度台は生姜紅茶の効果ですかね?

 

毎日測って、2017年が終わる頃には37度近い体温をキープできるようになってやります。

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ

ダイエット
スポンサーリンク
もう好きに生きるわ。