ホームベーカリーがあればライ麦パンも家で簡単に作れました

作る
作る

実は、ホームベーカリーでは全粒粉パンしか作っていません。

ホームベーカリーを買ったもともとの目的が、「全粒粉100%のパンを気軽に食べたい」というものだったので、達成度・満足度ともに完璧に近く、他のパンへ目が向かないというのが正直なところです。

天然酵母の全粒粉100%パンを毎日食べたいならホームベーカリーを買おう

そんな折、ライ麦100%のパンを食べたさいに、ふと「家でも作れるんじゃ…」と頭をよぎるものがあり、調べてみるとありました。

ホームベーカリーに「ライ麦パン」メニューが。

100%のライ麦ではなく、強力粉と半々のレシピですが、酸味の強いパンはあまり得意ではないと分かった今は、ちょうどいいかもしれません。

ライ麦粉以外はスーパーで簡単に手に入る材料ばかりだったので……これはもう作ってみるしかないのでは?

ライ麦粉は通販で買いました

ライ麦パンを作ります

ライ麦パンを作る時には、サワー種なるものを使用するはずですが、ホームベーカリーのレシピによると無糖のプレーンヨーグルトで代用するようです。

果たしてどんなパンが出来上がるのか、楽しみです。

こうやって作りました

今回使った材料

  • ライ麦粉(125g)
  • 強力粉(125g)
  • 黒糖(17g)
  • 塩(5g)
  • 無糖プレーンヨーグルト(85g)
  • アボカドオイル(15g)
  • 冷水(80ml)
  • ドライイースト(小さじ1/2)

パン羽根をセットしたパンケースに、ライ麦粉を125g入れる

強力粉を125g入れる

砂糖を17g入れる

塩を5g入れる

プレーンヨーグルトを85g入れる

油を15g入れる

冷水を80ml入れる

パンケースをホームベーカリーにセットする。イースト容器にドライイーストを小さじ1/2入れ、メニューの「ライ麦パン」を選びスタートボタンを押す。

5時間後に出来上がり♪

やけどに注意しつつ、即座にホームベーカリーからパンケースを取り出し2分間放置

パンケースを逆さまに振ってパンを取り出し、粗熱をとる。

試食タイム

こぢんまりとしたパンができました。

下の方がえぐれているのは、パン羽根をはずした後で、仕様です

予想より膨らまなかったのは、ライ麦のもつ性質のせいか、ヨーグルトが重かったのか、はたまたそれ以外が原因か。

よく分かりません。

全粒粉パンのようなずっしりとした手ごたえの切り口を想像していたのですが、ふわふわのパンに仕上がっています。

ふわふわすぎて、包丁では少し切りにくかったです

先にライ麦100%パンで酸っぱさを体験していたせいか、このパンで酸味はほぼ感じませんでした。

食パンに近い感じ

総じて食べやすかったです。

私はプレーンなまま食べましたが、ジャムやオリーブオイルで食べたら、もっと美味しかったかもしれません。

ライ麦粉も強力粉もドライイーストもまだまだ余っているので、近いうちにもう一度作りたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました