伊藤若冲展と古民家カフェ




 

先日の休日、久しぶりに友人と予定が合ったので、ドライブがてら遠出することにしました。

 

目的地は、鳥取県八頭郡智頭町(とっとりけん やずぐん ちずちょう)

 

パン屋さんで買い物をし、お昼にカフェごはんを食べ、気になる企画展を見に行くというのが今回の日帰りプチ旅行の全貌です。

 

Sable
旅立つ前にまず計画を

メインの目的は『伊藤若冲展』(いとうじゃくちゅう てん)

会場である石谷家住宅(国指定重要文化財/国登録記念物(庭園))も見ごたえがありそうです。

石谷家住宅公式サイト

 

車は友人が出してくれるので私がランチ代を持つということで話がまとまり、その後各自で周辺情報を調べた結果、

  • パン屋へ行きたい(友人)
  • 古民家カフェへ行きたい(私)

 

それぞれの要望を取り入れ、計画が出来上がりました。

Sable
行こう!ってなってからルートが決まるまで30分。スピーディーさが私達アラフォーおひとりさまの取り柄よ。

 

Sable
いざ出ー発!

当日の天気は快晴。遠出日和です。

 

目的地へ向け、ひたすら車を走らせます。有名なパン屋さんらしいので、売り切れが出ないうちにと真っ先にそこへ向かってGO。

 

智頭町は山の中にある町(基本一本道)なので、スマホナビをスタンバイしていましたが、事前の記憶力と道路標識の案内のおかげでさほど道に迷うことなく到着しました。

 

……というのは嘘で、曲がらなきゃいけないところをミスって通り過ぎ、しばらく走ったのち引き返しました。

 

Sable
パン屋さんであれこれ目移りする

自家製天然酵母パン&クラフトビール&カフェの『タルマーリー』

自家製天然酵母パンが凄くて有名らしいです。ふーん。(良く分かってない)

 

駐車場には県外車がたくさん。こんな田舎(失礼)なのに次々入ってくる。本当に凄いんだ!

上から、クミンシードとゴーダチーズのパン、酒種のスコーン、くるみとレーズンのパン。

Sable
中でも酒種のスコーンが美味しかった。1個と言わず、もっといっぱい買っておけば良かったよ。

 

パンをゆっくり選ぶ間もないほど続々とお客さんがやってくるので、買うもの買ったらすぐに外に出た。

 

今回は古民家カフェへ行きたいという私の要望を聞いてお昼は別の場所ですが、また来る機会があればここでも食べてみたいなぁ。

 

名残を惜しみつつ、次を目指して出発。

 

来た道を戻り、またもや道を間違え、その後遭難まっしぐらじゃないかとビビるくらい細くてカーブだらけの山道をどんどん走って行く。

 

これ絶対道間違えてる。スマホナビを疑うくらい怖い道だった。

 

ガードレールがないから道踏み外したら谷底まっ逆さまよ。超怖い。対向車来たらアウト!……とか二人でギャーギャー騒ぎながら運転した(友達が)。

 

そしてこのトンネル。

写真では明るく写ってるけど、実際は暗くて先が長ーいトンネル。まるでトンネルを抜けたら千と千尋の世界に行くんじゃ……という雰囲気抜群の隧道。

 

やばいやばい言いながらトンネルを抜けたら、いきなり集落が出て来て一安心。ナビはちゃんと正しかった。疑ってごめん。

 

Sable
いよいよお昼ごはん!

古民家の喫茶店とギャラリー『歩とり』(智頭町観光協会HP)

恐ろしい山道を抜けた先にあるこの地域は「板井原集落(いたいばら しゅうらく)」と言って、昭和30年代の山村集落がそのまま残っている地区。

 

どこか懐かしい古き良き日本の原風景といった感じ?(適当に言いました)

 

ここはここで散策のしがいがありそうだけど、まずはお腹を満たすのが先。

ごぼうのスープと里芋のクリームコロッケが珍しい気まぐれランチ。プチケーキ(右上)付。

 

ふう、ごちそうさまでした。

 

途中、先客のオッサン(九州から来られたそう)と、窓の外にやって来るネコや鳥を「この位置からよく見える」「あの鳥、もう少しこっち向かないかな」などとワイワイ撮影したのも、いい思い出。

オッサンはこのあと余部(あまるべ)を抜けて豊岡(鞄が有名な町)へと行き、カバンを買うそうです。

 

この辺りで他に見るところある?と聞かれたので、「石谷家住宅」と答えておきました。それしか知らない。

 

Sable
板井原集落散策

日曜日だけ開いているらしいカフェ? ここにも入ってみたかった。

 

帰り際、遠くから貫禄あるネコがやって来る。

毛足の長い絨毯みたいなモサモサの毛を、思う存分モフらせてくれるサービス付き(写っちゃった手は友人)

 

“おもてなしの心”をよく分かっていらっしゃる。

 

満足なり。

 

Sable
石谷家住宅と伊藤若冲展

ここは外観撮るの忘れました。

伊藤若冲展は、水墨画の掛け軸がメインで、思ってた以上にこぢんまりとした規模。どうりで入館料のみで見学できたわけだ。

Sable
ちょっと彩色画も見たかった(ボソ)

石谷家住宅は江戸時代の大富豪の邸宅とのことで、とにかく広い。部屋数多い。庭も凄い!

 

GW前とあってか客数も少なく、ほとんど貸切状態でした。ラッキー。

 

当時の金持ちの家に500円で入れるなんていい時代ねえと下世話な話をしつつ、神殿の間みたいな部屋(これまた見事なやつ)を堪能しつつ。

 

てっきり豊岡へ向かっていると思ったオッサンとばったり再会。そのままサヨナラ。

 

今回のメインだったわりに、石谷家住宅、あっさりと終了。

 

Sable
その後ー

『nana’s green tea』公式サイト

 

思いのほか早く全計画が遂行されて時間が余ってしまったので、鳥取駅まで行き、駅の中のカフェで一休み。

抹茶白玉あずきラテ

 

 

程よく明るく、程よく賑やかだったので、古民家カフェでは出来なかった(大声を出せるような雰囲気ではなかった)会社の愚痴などで気がすむまで盛り上がったのち、帰宅の途に着く。

 

ああ、楽しかった! 疲れたけど。

 

 

参加中


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ  

広告

 

【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com



PVアクセスランキング にほんブログ村

ABOUTこの記事をかいた人

地方都市(田舎成分多め)在住のアラフォーおひとりさま。 2015年9月より1Kの賃貸で一人暮らし開始。 身も心もシンプルイズベストな暮らしを目指しつつ好き勝手に生きてます。