経済に興味のない素人ですが株デビューします。3~株を売った結果~




株を買うのは簡単でした

次はいよいよ株を売ってみます。

売るのは買うのの逆をすればいいので操作的には簡単なのは分かるのですが、売るタイミングが難しい。

ビジネスライクにやりたくても、つい「利益を」と欲張ってしまう人間の心理からは逃れられないからです。

 

株を購入以来、経済ニュースには相変わらず興味がないものの、自分の買った株の値動きには興味津々です。

株価が1円上がれば100円(1円×100株)の儲け、1円下がれば100円の損失になるので、しょっちゅう証券会社にアクセスして株価をチェック、落ち着かない日々を過ごします。

一度購入時より8円くらい下がって「ああああー」となり、一度5円くらい上がって「おおおー」となりましたが、基本的には購入価格より1〜2円低い株価で一進一退です。

 

この辺から少し株の「銘柄」というものに対して、意識が向くようになりました。

毎日毎日株価の上がり下がりで一喜一憂していたら疲れます。私の目的は、株の長期投資をして資産を増やすことなので、毎日株価のチェックなんてしてられません。

放っておいても勝手に株価が上がってくれる株の探し方を知りたいと考え始め、ネットで公開されている株に関する情報・本を中心に、セミナー情報のチェックも始めました。

 

1.株を売ってみる(売り注文をする)

何はともあれ、買った株を売ってみます。

買う時は「どんな株を選ぶか」で悩みましたが、売る時は「いつ売るか」で悩みます。

できるだけ高い時に売りたい。最低でも購入時と同額(損をしたくない)。と考えてしまうのです。

今回は練習なので損をしてもいいはず(10万失ってもいい覚悟でやった)のに、いざとなると「損をしたくない」と考えてしまう人の業の深さよ。

とはいえ、あまりよく考えずに購入した株は一向に値を上げる気配がありません。いつまで持っていても練習にならないので、そろそろ売ってみたいと思います。

 

1−1.売る価格を決める

成行注文によって思わぬ高価格(私にとっては)の一株540円で買った株ですが、売る時も540円で売ればプラマイゼロです。

と思いきや、売る時にも手数料がかかります

証券会社によって手数料は異なりますが、私の場合は買う時と同様150円です。つまりほぼプラマイゼロに近づけたかったら、買った時より2円高い時に売れば良いことに。

542円ですね。

ですが、たとえ練習とはいえ一番最初の取引は、多少なりとも利益を得たという成功体験が欲しかったので、素人の癖に色気を出して543円に決めました。

 

1-2.売る

売るのは買うのの逆です。成行の買い注文でちょっと失敗(?)したので、売る時は指値で売り注文を出しました。

私のように「この価格以下では絶対に売らない!」と決めているなら指値、「もう何円でもいいから売りたい」という人は成行を選択すると良いかと思います。

指値で543円、100株、でポンと売りに出します。買う時ほどの緊張感はもはや微塵もありません。現金なものです。

株価は535~538円あたりをウロウロしているので、543円になるのはいつになるやら…と思い執行期間(注文の有効期限)を1ヶ月ほどに設定しました。

そしたらその日のうちに、メールで連絡が。

売り-約定

543円の売り注文ですが、544円で買ってもらえましたー。ラッキー。

指値で買うと、その指値以下の株価にならないと買えません。その逆で、指値で売ろうと思ったら、その指値以上の株価にならないと注文自体が発動しません

私の場合、株価が543円以上になった時、「544円で買うよ」って人がいたわけです。543円で買うよって人がいたら、低い方の543円で約定してました。

おかげ様でいくばくかのプラスで初取引を終了することができたわけです。ありがたやー。

 

余談ですが何故だかこの日だけいきなり株価が上がって、その後また538円あたりをウロウロしながら現在に至っているようなので、完全なるビギナーズラックが起きたようです。株って不思議。

 

2.その他

少額での取引だったせいか、買うのも売るのもさほど怖いものではないというのが分かったのは良かったです。むしろちょっと面白かった。またやりたい。

今回は練習で、次からはいよいよ「投資」のための売買にチャレンジします。

考えなしの売買は危険なので、次からは自分なりに銘柄を見極めてやる予定です。株に関する勉強も必要ですね。←今回の取引で結構やる気出ました。

資金として準備した10万円はほぼ無傷で守れたので、次買う銘柄を探している間に、もう少し上乗せできるよう貯金も頑張ります。

 

また今回400円ほどのプラスになったわけですが、通常の取引の場合、この400円の儲けに対して税金が課せられます。だいたい20%なので、400円×0.2=80円が国に持って行かれるわけですね。※正確には20.315%です。

ただ私はNISA口座を使って取引をしたので、80円の税金はかかりませんでした。まるまる私の取り分。

NISA(ニーサ)とは、毎年決まった投資枠内で、上場株式や投資信託の配当金や値上がり益を非課税にする制度のことです。
別名で「少額投資非課税制度」とも呼ばれます。

「楽天証券」より引用

毎年累計120万円まで、NISA口座で購入した株式等の利益や配当金が非課税になります。

累計なので実際に動いたお金は10万円でも、その10万円を12回売ったり買ったりしたら上限になります。期間は5年間。5年以内に売って利益を得たら、その利益は非課税です。

とはいえNISAのことは私もまだこのくらいしか分からないので、この辺で。

 

 

ちなみにこれを書いている時点で私なりに知識を仕入れ、既に投資用の株を買いました。

2銘柄を購入したのですが、今見に行ったらどっちも大幅なプラスになり口座の資産が2割増しくらいになってました。おおー。(少額投資なので2割増しといってもたいしたことない)

先日発表された決算報告で結構売上が伸びていたせいかな?と思います。どうやら買うタイミング(決算発表前)が良かったようです。めっちゃ株価上がってる……それまでマイナスだったのにね。

プラスになるということはマイナスになる場合もあるわけで、ここで喜んでばかりはいられませんが、しばらくはこの2つは大事に持っておこうと思います。

やはり「善は急げ」「思い立ったら吉日」ですよ!

私にもう少し資金があれば株数を増やしたいところですが……こればっかりはどうしようもないですね。

参加中


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ  

広告

 

【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com

PVアクセスランキング にほんブログ村

ABOUTこの記事をかいた人

地方都市(田舎成分多め)在住のアラフォーおひとりさま。 2015年9月より1Kの賃貸で一人暮らし開始。 身も心もシンプルイズベストな暮らしを目指しつつ好き勝手に生きてます。