指宿・知覧を経由して鹿児島市内へ~鹿児島の旅2~




 

温泉効果か、朝の目覚めはすっきり!

 

4時半に起きた。

 

5時頃の景色。

右手に見える薄い色の山が、開聞岳(かいもんだけ)。

 

薩摩富士と呼ばれているだけあって、山の形が綺麗。

 

朝はバイキング。

夜あれだけ胃に詰めたくせに、朝は朝でがっつり喰らう。

 

豚みそ(ゼリーみたいなカップに入ってるやつ)が美味しかった。

 

本日の日程は、朝の10時前に指宿駅から出発する定期観光バスに乗って、夕方頃鹿児島市内へ入るという流れ。

9時半前に受付を済ませ、しばしバスの到着を待つ。暑い。冷房が恋しい。

 

最初の観光地は岩崎美術館。

 

黒田清輝の絵画等の展示があったけど、絵心が分からないので、隣接していた民芸館のパプアニューギニアの工芸品の方が面白かった。

 

次は、長崎鼻(ながさきばな)

開聞岳がキレーに見える。

 

案内板によると、

硫黄島も見えるらしい(屋久島は無理だった)。

真ん中あたりに、超うっすら見えるやつが硫黄島。……分かるかな?

 

これ。

 

長崎鼻からの景色を堪能した後は、いよいよ開聞岳へ。ここにあるゴルフクラブで昼食(自費)だそーです。

 

途中、開聞山麓自然公園を通る。

車窓から見えるトカラ馬(とからうま)の放牧。日本在来馬だそーです。

 

お昼は事前注文制で、松華堂弁当、天ぷらうどん、天ぷらそばの中から選んでおくことになっていた。

選ばれたのは天ぷらそばでした。ごめん、なんかいまいち。 残した。まぁ他の人も似たり寄ったりだったので、ここで味を期待してはいけないと学んだ。

 

開聞岳はこれで終了。昼食が済むと次の池田湖(いけだこ)へと向かう。

 

池田湖の名物は、大うなぎ。あと池田湖に棲んでいるかもしれない、大うなぎがモデルかもしれない幻の珍獣イッシー。

大抵でろっと水槽に横たわっている中、一匹だけサービス精神が旺盛な子がいたのでパシャリ。

 

池田湖からの開聞岳もかなり綺麗です。パンジーとのコントラストが凄くイイ!

 

ちなみにイッシーはこれ。

夢があるね!

 

そしてバスはいよいよ指宿市を離れ、南九州市へ。

 

お茶処、知覧(ちらん)

知覧特攻平和会館(ちらんとっこうへいわかいかん)の駐車場にあった。

 

なんか好き。

 

ここには、第二次大戦後期の沖縄戦にて、特攻隊員として知覧から出撃されていった方々の遺書や遺品などさまざまな記録がまとめられています。

 

遺書とかね、長時間見ていられなかったです。紙に書かれた文字なのに、気迫というか鬼気迫る空気というか、何か目に見えないものに圧倒され息苦しくなりました。

 

早々に退出し、軒を連ねる土産屋で時間を潰す。

 

最後は知覧武家屋敷庭園(ちらんぶけやしきていえん)

正門の屋根と石垣で身分が分かるようになっていたそーです。

暑いのと疲れ気味なのと、庭が立派過ぎなのとで、「維持するのも大変だろうなー」という陳腐な感想しか浮かばなかった。

 

とりあえず島津藩が裕福だってことは分かりました。

 

これですべての観光が終了。あとは鹿児島市内へ。

 

ホテルは鹿児島中央駅すぐそば。早めに予約したおかげか、最上階の部屋でした。

 

景色は良いけど、エレベーター待ちも長いので、個人的には部屋はそこそこの高さがいい。

部屋から見える景色。アミューズメントビルに観覧車って大阪みたい。

 

観覧車の後ろの山はたぶん桜島。

 

明日はいよいよあそこへ行くのだ。

 

けっこうぐったりしたので、夜は出歩かず、コンビニで適当に食べ物を仕入れてホテルの部屋にて乾杯。

 

翌日に備えて早々に眠る。

 

参加中


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ  

広告

 

【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com

PVアクセスランキング にほんブログ村

ABOUTこの記事をかいた人

地方都市(田舎成分多め)在住のアラフォーおひとりさま。 2015年9月より1Kの賃貸で一人暮らし開始。 身も心もシンプルイズベストな暮らしを目指しつつ好き勝手に生きてます。