船で渡る島のホテル・勝浦温泉の旅 その2




 

紀伊勝浦・温泉旅も2日目。

 

朝も早よから露天風呂を堪能しまくりました。

 

午前中は観光、午後はまた数時間かけて帰る予定です。

 

Sable
出発前にすること。

腹ごしらえ。朝ごはんです。

 

夕食会場と同じところで朝バイキング。

大盛りごはん、食後にコーヒー付き。

 

昨日の晩あれだけたらふく食べたのに、普段以上に朝ごはんも食べてしまう旅の七不思議。

 

ふぃー、ごちそうさまでした。

 

さてと。

 

元気になったところでホテルを出発。

 

船で桟橋へと戻り、そこからまたのんびり歩いて駅に到着。駅の隣のバスセンター?みたいな所から観光バスが出ているのです。

 

Sable
那智勝浦観光

受付を済ませて待つことしばし。

レトロバスがやってきた。これに乗って那智大社へと行くのです。

 

最初は那智大社へと続く熊野古道(くまのこどう)

昔の人もこの道を通ってお参りしてたのですね。今回は時間がないのでバスでラクするけど、いつかは自力で歩いて行ってみたい。

続いて那智の滝(なちのたき)

観光バスに付いてる券を使ってもっと近くまで行ける。

虹! いいもの拝めた。

滝の後はいよいよ本命・熊野那智大社(くまのなちたいしゃ)へ。

逆光の鳥居。467段の階段を登り切る。

この坂を登ってきた。

那智大社と同じ敷地内に青岸渡寺(せいがんとじ)もある。西国三十三ヶ所第一番札所とのこと。

お参りしたら両方から記念品をいただいた。

すぐそばに三重塔と、遠くに那智の滝。塔の中にもバスの券を使って入れた。

入ってすぐのエレベーター、

なぜか掃除機がお出迎え〜。一緒に4階まで上がる。

塔からの風景。4階より3階の方が景色が良かった。

 

自由時間1時間を堪能したあと、観光バスは勝浦駅へと帰還。

 

お疲れ様でしたー。

 

Sable
よし、帰るぞ。

帰り道は行きの逆だから特別面白いこともないけど、

串本駅の近くで『橋杭岩(はしぐいいわ)』なる名所が車窓から拝めた。

 

一直線に並んだ岩が杭のように見えることから名付けられたそう。ほほう。

 

そうこうするうちに新大阪に無事到着。そこから乗り換えして地元駅へ。

 

新大阪での待ち時間のあいだ、エキマルシェ内の551の蓬莱で豚まんを買いたかったのに長蛇の列で断念。

Sable
自分へのお土産が消滅(凹)

 

まぁ、豚まんはまた買う機会あるしね。

 

何はともあれ、これにて一泊二日の温泉旅も無事終了!

 

楽しかった!!

 

今回泊まったのはこちら。

 

参加中


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ  

広告

 

【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com

↓↓ ネットでのお買い物前に経由するだけでポイントが貯まります。↓↓

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

↑↑ 貯まったポイントは現金に。↑↑

PVアクセスランキング にほんブログ村

ABOUTこの記事をかいた人

地方都市(田舎成分多め)在住のアラフォーおひとりさま。 2015年9月より1Kの賃貸で一人暮らし開始。 身も心もシンプルイズベストな暮らしを目指しつつ好き勝手に生きてます。