お金の勉強を始めました。~家計簿編3~




昔からお金の話をするのはタブーだと思っていました。

なぜならば、「人前でお金のことを口にするのは行儀が悪い」と子どもの頃から言われていましたから。そういう田舎育ち、田舎暮らしです。

学生時代はおこづかい制でした。おこづかい帳をつける習慣がなかったので、その時財布にあるお金が私が自由に使えるお金の全て! 多分なんとかなるだろう……どんぶり勘定の真価を発揮していました。

アラフォーになるまでこの感覚でいたので、今更お金の勉強だなんてどこからどう手をつけていいのか分かりません。田舎体質ゆえ、周囲とざっくばらんに話せるものでもありません。

ただ、ネットで検索するとたくさん出てきますね。先取り貯金をすればいいとか。費目ごとに封筒を作ってお金を分け、その中にあるお金だけで生活すれば良い、とか。

とりあえず主張しておくと、人には向き不向きがあるのです

私は全部不向きでした。

というより、意志が弱すぎて足りなくなったらすぐに貯金に手をつけていたので、全然貯まりませんでした。要するに試してはみましたが、全部失敗に終わりました。

これ以上の失敗は年齢的にもあとがありません。そのためにお金に関する勉強を始めました。そんな記録です。

 

過去の記事はこちらから。

お金の勉強を始めました。~家計簿編1~

-1.まずは自分の立ち位置を知る。

-2.老後資金について考える。

お金の勉強を始めました。~家計簿編2~

-3.さまざまな勉強方法

-4.私を変えた本との出会い。

-5.支出にメスを入れていく。

 

 

6.保険料と通信料の見直し

いよいよ家計に切り込んでいきます。保険料も通信料も、実家暮らし時代のものを引き継いでいました。まあ当然ですよね。

 

6−1.保険料

保険は4つ入っていました。以下、大まかな数字です。

  • 終身保険(60歳まで払い続けるが保障は一生続く) 年間 120,000円
  • 掛捨ての保険(月3,000円。配当金あり)      年間  36,000円
  • 定期の保険(60歳で満期を迎え保障も終わる)   年間  17,000円
  • 年金保険(60歳まで払い、満期金=年金をもらう) 年間  60,000円

やむを得ず加入した小さい保険もありますが、年間の掛け金は233,000円。ぎゃー。

思わず悲鳴が上がる金額です。私は気づかないうちに23万円を保険料として払っていたのです。月額給料より断然多いよ…。1ヶ月以上保険料のために働いていたことになります。

配当金がもらえる掛捨ての保険を残して全部切り捨てたいところですが、そうもいかないのが社会人の辛いところ。今の職場を去るまで、定期の保険と年金保険を解約できないさだめなのです。渋々77,000円を払いますが、辞めたら即解約して個人型確定拠出年金に回します。

しかし終身保険は私の自由。保障の内容が掛捨てと被っているので、いそいそと解約に出かけました。

理由を聞かれ、「実は会社関係でどうしても入らなくてはいけなくなってしまって…」と窓口の女性に下手くそな女優っぷりを見せつけながらも無事解約。

年間の12万円と、解約返戻金30万円の計42万円の節約に成功しました。

解約したその日は、油断大敵というし帰り道に事故に遭ったらどうしよう…などという不安にかられましたが、解約から1年以上経った今もぴんぴんしています。

人が抱える不安を「保険」という形で商売にしたのが保険(暴論)。不安は不安のまま終わるかもしれません。加入はくれぐれも慎重に。軽率に契約しても見直しはいつでもできます。

(余談ですがこの直後自分の車を凹ませてしまい、全額を修理会社に貢いでしまいました。世の中は本当に上手くできているとしみじみした出来事です)

 

6−2.通信料

家のネットはwifiを利用しています。キャンペーン価格で月額4,000円程度。容量無制限の使い放題ポケットwifiなので概ね満足しています。

が、実家だと良かったのですが集合住宅だと電波の入りが悪いらしく、しょっちゅう切れてストレスを感じます。2017年の秋頃にキャンペーン価格が通常価格になるので、そのタイミングで乗り換えも含めて検討します。

スマホは某犬のおとうさんのiphone。乗り換えその他の割引で月額6,500円程度。契約後2年経過で9,000円ほどに跳ね上がります。絶対に別の会社に移る。

引っ越し後まもなく2年になりましたので、早速MNPで別会社への移行を検討しました。国が余計なことをしたばかりに タイミング悪くスマホ本体の割引がなくなり、きのこも英雄も高いです。乗り換えだろうが新規だろうが容赦なく高い。

今より高くなっては支出の削減という目標は達成できません。

格安スマホですね。

最初に選んだのはFREETEL(フリーテル)です。ドコモ回線を使っているので通話もクリアで通信速度も特に不満はなし、月額も1,200円ほどで満足していました。

6,500円×12ヶ月=78,000円

1,200円×12ヶ月=14,400円

63,600円の節約に成功です。その後、支払いに楽天ポイントを使えるという情報を得たので、現在は楽天モバイルユーザーです。FREETELは2年どころか1年縛りすらないので、たいへん良い格安スマホ会社だと思います。

そして14,400円すら節約してスマホ代を無料にするため、最近はいかに効率的に楽天ポイントを貯めるかということに重点を置いた買い物方法を模索しています。

楽天モバイルもドコモ回線なので、使い勝手はFREETELと変わらず満足しています。

 

6−3.まとめ

保険料と通信料の見直しにより、年間約18万円の節約が難なくできました。

楽天モバイルでの目論見が成功すれば約20万円の節約となります。1ヶ月分以上の稼ぎをここで捻出できました。部屋選びの失敗は取り戻せた気がします。

 

つづく。

参加中


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ  

広告

 

【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com

↓↓ ネットでのお買い物前に経由するだけでポイントが貯まります。↓↓

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

↑↑ 貯まったポイントは現金に。↑↑

PVアクセスランキング にほんブログ村

ABOUTこの記事をかいた人

地方都市(田舎成分多め)在住のアラフォーおひとりさま。 2015年9月より1Kの賃貸で一人暮らし開始。 身も心もシンプルイズベストな暮らしを目指しつつ好き勝手に生きてます。