お金の勉強を始めました。~家計簿編5~




前回、月に自由に使えるお金(生活費)がいくらなのかをはっきりさせました。

では実際に生活してみましょう。

 

☆過去の記事はこちらから。

お金の勉強を始めました。~家計簿編1~

-1.まずは自分の立ち位置を知る。

-2.老後資金について考える。

お金の勉強を始めました。~家計簿編2~

-3.さまざまな勉強方法

-4.私を変えた本との出会い。

-5.支出にメスを入れていく。

お金の勉強を始めました。~家計簿編3~

-6.保険料と通信料の見直し

お金の勉強を始めました。~家計簿編4~

-7.日々の家計を見直す。

-8.支出計画を立てる。

 

9.生活する。

前回の記事で、セル子の一ヶ月の生活費は42,000円だと分かりました。

それをそのまま使っていたのでは、あっという間に財布が空になるに違いありません。

そこで、この42,000円をさらに項目ごとに分けることにしました。

自分でコントロールできるお金なので、ひとまとめにして流動費と呼ぶことにします。

流動費

自炊派なので、食費を少な目に見積もっています。

日用品費のほとんどが補充で、新たに何かを買う予定はありません。

通勤に必要なので、交通費という項目を作りました。

本が大好きで月に何冊か買いたいので、書籍代も作りました。

おこづかいは浪費ですが、浪費も必要なのでちゃんと項目を作りました。抜かりはありません。

予備費は、冠婚葬祭などの予期しない出来事が起こった時のために、こつこつと現金で貯めることにしました。使わなかった予備費は、いざという時の為に財布にいれておき、手を付けないよう気を付けます。

 

外食が多い人は食費を増やして、その分、書籍代やおこづかいを減らすなどの調整をしていけば、月に使える目安が分かってより一層生活がしやすくなります。

 

10.一ヶ月を振り返る。

財布に42,000円だけ入れた生活も、最初の一ヶ月が無事に終わりました。

早速、何にどう使ったのか振り返ってみたいと思います。

流動費

いきなり食費が予算を超えました。仕事が忙しすぎて、思ったほど自炊ができなかったせいです。仕事のストレスを発散するかのように休日は本を買い込んでしまいました。おこづかいもほとんどオヤツで消えました。

その代わり、というわけでもありませんが、日用品費と予備費はそれほど使わずにすみ、トータルでは黒字の家計になりました。

浮いたお金はそのまま予備費にスライドし、42,000円を新たに下ろして次のひと月を暮らしていきます。

 

11.半年を振り返る。

半年間の実績をまとめてみました。

財布にあるお金を意識した生活をしているので、自然と使いすぎもなくなりました。

流動費

服の買い替えをした時はどの項目を使おうか迷いましたが、毎日着るものなので、日用品に計上しました。

春先は会社の歓送迎会などが多く開催されましたが、予備費からの支出で楽々と乗り越えました。予算を超えた月もありますが、6か月の平均支出は4万円弱。

少し余裕のある生活ができています。

 

12.一年を振り返る。

特に可もなく不可もない一年が経ちましたので、家計をまとめてみたいと思います。

日用品費は、途中で生活費と名を変えました。

流動費

 

12か月平均は予算より900円多い。

つまり、900円×12か月=10,800円の赤字という家計簿に終わりました。

これを多いと見るか、少ないと見るかは人それぞれかと思います。

セル子は「おおむね順調」と考えました。財布のお金だけで生活できた結果、

年間収支実績表

上の図の通り、積立も、貯金も、投資用の積立も、すべて当初の予定通りできましたから。

旅行へ行き、ふるさと納税もできて、なおかつ苦もなく48万円貯められました。どんぶり勘定ばかりして貯金もままならなかった身からすると、大成功といえます。

(C)-(D)で黒字か赤字かが分かります。4,840円の黒。

流動費の赤字額10,800円も、トータルの収支でみるとチャラですね。

 

こうしてセル子の家計簿は、無理せず貯金ができる家計簿へと改善されました。

めでたしめでたし。

 

「正しい家計管理」では、これ以外にも、『1年間の特別支出予測表』や『長期計画』『財産目録』を作ったりもします。

とっつきにくい感じがしますが、やりはじめると結構楽しいです。私は10年後に1千万貯める計画を作りました。夢や希望にあふれた未来ですね。

でも1,500万円(老後資金)にはまだ足りないようです。20年後に期待をかけて生きていきます。

 

13.最後に。

途中からセル子が出張ってしまいましたので、最後に私自身の直近の家計簿をチラ見せして終わりたいと思います。

実績

11月がひどい。

こんな無茶苦茶な家計簿でも、1年間というスパンでみると黒字なのですよ。

貯金も微々たるものながら順調に貯められるようになりましたので、勉強して、投資とか確定拠出年金といったものへ回し、10年後20年後の自分の為に資産を増やしていきたいと考えています。

興味を持たれた方は、ぜひ本を手に取って実践してみてくださいね。出版社や著者の回し者ではありませんが、とても役に立つ一冊でした。

ここまでおつきあいいただき、ありがとうございました。

↓ポチっとしてもらえると更新の励みになります↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ  

広告

ABOUTこの記事をかいた人

地方都市(田舎成分多め)在住のアラフォーおひとりさま。 2015年9月より1Kの賃貸で一人暮らし開始。 身も心もシンプルイズベストな暮らしを目指しつつ好き勝手に生きてます。