お気に入り!軽くて移動もらくちん、すのこベッド。

すのこベッド 楽天市場

賃貸で一人暮らしとなると、経済的に余裕のある人以外、専用スペースは限られてきます。

私の住んでいる部屋は、ごく普通の1K。

内見の時、「ここはね、洗面台にシャワーがついているので、特に女性の方に人気の物件なんですよ!」「へえ、そうなんですか(興味なし)」という女子力0のやり取りをして、案内してくれたスタッフさんをがっかりさせた覚えがあります。

その節は会話を盛り上げようとして下さったのに速攻で潰して申し訳なかったです。でも入居以来一年ちょい、洗面台シャワーに活躍の場はありません。

そんな女性に人気らしい1Kの部屋ですが、入居を決めた際に悩んだことがあります。

 

ベッドを買うべきか否か―――それが問題だ。

実家が畳に布団というスタイルだったので、正直ベッド生活に憧れがあります。

我が城となる予定の1Kは、寝る・食べる・寛ぐには十分な空間ですが、ベッドを入れるとやや手狭になり、視覚的にも圧迫感が生まれるかもしれない。でもベッド欲しい…ソファ代わりにも使えるし……。

この頃はミニマリストという言葉自体知らなかったので、一人では到底持ち運べそうもない立派なベッドを買う方向でほぼ気持ちが固まっていました。

引き出し付きで収納力の高いベッドにするか、それともシンプルな足付マットレスの方がいいのか。

マットレスは、値段は高いけどボンネルコイルよりポケットコイルの方がいいらしい等々、ネットで収集した情報を元に、楽天市場で検索しまくりの日々でした。

けどピンとくるものがなかなか見つからない。

最終的には消去法で、「価格にも折り合いがつくランクのポケットコイルの足付マットレス、ゆったり寝たいからサイズはセミダブル」に決め、あとは引っ越し日に届けてもらえるようポチるだけになりました。

それなのに。

結局購入したのは、超シンプルな折りたたみ式すのこベッド。

すのこベッド

どーんと敷いたところ。

買おうとしていた足付マットレスの面影はみじんもありませんね。

不満足度0%のお気に入り「すのこベッド」です。

 

では早速、このすのこベッドのお気に入りポイントの発表でーす。

その1.折りたためる

すのこベッド

折って壁に立てかけたところ。

真ん中あたりで折りたためるので、長さが半分になります。

その分厚みは倍(約8センチ)になりますが、たいした問題ではないでしょう。

木と木の隙間に手が入るので、余裕で小脇に抱えて持ち運べます。

 

その2.無漂白 国産高級桐

サイトに書いてあったので間違いない。高級桐素材が使われています。

材質は桐(10kg)、ひのき(15kg)と選べて、人気はひのきのようですが、より軽い方が好きなので私は桐を選びました。

タンスの材質にも使われているように、湿気の通過性が良く(調湿作用が高い)、防虫効果もあり、と良いことづくめの桐。

通気性抜群のすのこベッドなのに、更に通気性倍率どん。ってところでしょうか。

あと単純に「桐」という言葉の響きがすきなのです。

10kgと書いてあるけど、運んでいる時の体感は2kg程度ですね。

ひょいってな感じで軽々運べます。

 

その3.布団が掛けられる

すのこベッド

どうだ、この無駄の無さ。

シーツは洗濯中なのでむき出しの布団を立て掛けた図。

シンプルなのに夏も冬も梅雨の時期も、オールシーズン布団が干せる機能がついています。

ちなみに部屋の掃除中はいつもこの状態↓

すのこベッド

使い道のないピクチャーレールに枕を干すという画期的な裏ワザ。

布団の枚数はなるべく少なくしたいので、ちょっと奮発して羽根布団。これ一枚で冬も暖か。

 

その4.枕元に小物が置ける

すのこベッド

参考例。

すのこベッドを選択することによって、思いがけず予算を縮小することに成功したので、ベッドのサイズをシングルからセミダブルにランクアップしました。

すると、布団(シングル)とベッド(セミダブル)の間に余裕が生まれます。

そこが私の小物置場。フローリング直置きよりちょいお洒落な感じ?

今回は撮影用として漫画を用意しましたが、普段は目ざまし時計とスマホを置いています。スマホで撮影してるからね。ここにスマホ置いちゃうと写真が撮れなかったのです。

 

こんな高さのないすのこベッドなら、フローリングに布団を敷いちゃえばいいじゃない。

と思われるかもしれませんが、当時どこかのサイトで、「フローリングにマットレスは、寝ている時に一番埃を吸い込む高さ」とあったのを見た気がしたのです。

 

夜、寝静まった室内では床から30センチぐらいのところにホコリが一番飛んでいます。ちょうど布団をフローリングの上に直接敷くと、顔の辺りが一番ホコリが多いことになります。

そのままフローリングに布団を敷いていませんか?危険と対策紹介! より

私は埃しか気にしていませんでしたが、他にも「カビ」「腰」とフローリング直敷きはあまり良くないようです。

 

さいごに

寝る時はベッドとして、普段は布団干しとして、掃除の時は移動して、部屋を広く使いたい時は畳んで布団とともにクローゼットに押し込んで……と、すのこベッドは快適なミニマムライフになくてはならないものとなりました。

悩みに悩んで最後のポチっとする勇気が出なかった他のベッド達と比べ、このすのこベッドは出会いがしらに即決、というほどあっさりと購入を決めてしまいました。本能的に「これだ」と思ったのでしょうか。

当時の私の判断は、間違っていませんでした(自画自賛)。