次なる整腸剤はミヤリサン




 

昨年末より始めた腸活はかなり順調です。便秘なし!

 

まぁ腸活といっても整腸剤飲んでるだけですけどね。

 

ビオフェルミンという昔から身近にあった整腸剤が私の腸に良く効くので1月の台湾旅行にも瓶ごと連れて行ったほどなのですが、350錠入りのそれもそろそろなくなりかけという段階になりました。

 

私の予定では1日1回、朝に3錠服用で3ヶ月ほど持つ予定だったのですが、結局朝昼晩ほぼ欠かさず飲み続けたので、予定を前倒ししてビオフェルミンが底を尽きそうです。

 

当初、次はビオフェルミン540錠入りにする予定だったのですが、他に気になる整腸剤の存在を知ってしまいました。

 

その名も「ミヤリサン」。正確にはミヤリサン製薬(株)の「強ミヤリサン錠」です。

公式HP:ミヤリサン製薬(株)

 

私は今回初めて知ったのですが、こちらも昔からある有名な整腸剤なんですね。

 

どちらも整腸剤ですが、成分に違いがあります。

 

ビオフェルミンがビフィズス菌、ミヤリサン錠が酪酸菌(宮入菌)。酪酸菌(らくさんきん)というのは主にぬか漬け等に含まれる成分だそうです。そう聞くとなじみ深いですね。

 

「酪酸菌? なんだそれ?胡散臭い」から「効果ありそう!」に180℃印象が変わりましたね。

 

ので購入。ちびちび買うのも面倒なので大容量で。ぬか漬けだからたぶん大丈夫。

錠剤1瓶なのに結構デカい箱できたぞ。

 

余白の方が大きいよ。

 

どーん。

 

ビオフェルミン350錠との大きさ比べ。

大迫力。気軽に持ち運べそうにないから、別のモノに移し替えなきゃですね~。

 

中身はごく普通の錠剤。

 

ビオフェルミンと。

Sとある方がビオフェルミン。ミヤリサンの方が大きいかな。飲む分にはたいして違いはなさそう。

 

 

まだビオフェルミンが残っているので開封したところまでですが、飲み始める日が楽しみー。

 

一体私の身体(腸)はどう変化してくれるのか。腸活は花粉症対策にも有効と聞いているので、そっちの効果も楽しみです。

 

乞うご期待。

 

 

 

↓ポチっとしてもらえると更新の励みになります↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ  

広告

ABOUTこの記事をかいた人

地方都市(田舎成分多め)在住のアラフォーおひとりさま。 2015年9月より1Kの賃貸で一人暮らし開始。 身も心もシンプルイズベストな暮らしを目指しつつ好き勝手に生きてます。