近所のお店で楽天ポイントを使って買い物する方法

 

楽天スーパーポイントは貯まりやすく使いやすいので便利ですが、基本オンラインでしか使用できないのが当たり前とはいえ、惜しい!と思っていました。

 

どうにかして換金できないものか……と思っていたところ良い方法が見つかり、今はそれを実験的に試しているところです。

 

[voice icon=”http://2017simple.com/wp-content/uploads/2017/04/144.png” name=”Sable” type=”r fb”]貯まったポイントは電子マネーに変えちゃえ[/voice]

楽天には「楽天Edy(らくてんえでぃ)」という電子マネーサービスがあるのです。

楽天Edy公式サイト

 

私はクレジットカードをゴールドに切り替えた時に付帯しました(無料)。

 

申込み時に付帯したら500円分の楽天Edyが自動的に付いてくるってあったので。付帯しないわけがありません。

 

クレジットカードがないわって方は、普通に楽天Edyカードを入手すればOKです。楽天のオフィシャルショップで購入できるそうです。ただし有料。

楽天Edyオフィシャルショップ

 

カード以外にもストラップタイプもあって便利そうですね。

 

おさいふケータイ対応機器をつければiphoneのアプリでもいけるようですが、めんどくさそうなので今回はスルー。

 

いちばんはクレジットカード付帯ですね。1枚で2つの機能。

 

[voice icon=”http://2017simple.com/wp-content/uploads/2017/04/144.png” name=”Sable” type=”r fb”]使い方[/voice]

  1. 楽天Edyが使えるブツを入手したら、Edyの番号と自分の楽天スーパーポイント口座とをリンクさせる。
  2. 必要に応じてチャージする。
  3. 楽天Edyが使えるお店で買い物をする。

 

これだけです。簡単。

 

このチャージ時に「ポイントからチャージする」を選べばOKです。

 

楽天Edyが使えるお店は限られていますが、ローソン、ファミマ、セブンイレブン等のコンビニはほぼ使えますし、うちの近所のドラッグストアでも使えるので、日用品を買うのに助かります。ヤマト運輸でも使えます。

 

飲食や本屋、スーパー、デパート等、調べれば思っていた以上に多くの場所で楽天Edyが利用できます。

 

空港のラウンジやお土産を扱うショップも対応しているところが多いので、旅行時のちょっとした場面用にEdyを貯めておくのが個人的には好きです。

 

対応ショップに行くだけならキャッシュレスに買い物できるから、スマホカバーに突っ込んでおくだけという身軽さもいいですね!

 

[voice icon=”http://2017simple.com/wp-content/uploads/2017/04/144.png” name=”Sable” type=”r fb”]注意事項[/voice]

 

楽天スーパーポイントざくざく貯まっても、「よっしゃ、全額Edyにしてやろ」というのが出来ません。

 

なぜならば、楽天スーパーポイントには「期間限定ポイント」というのがたくさんあるからです。

 

楽天Edyにチャージできるのは、通常ポイントのみです。

 

あとは、楽天Edyでは切手・はがき・プリペイドカード等の購入が出来ない、公共料金の支払いに使えないなどの制約があります。

※詳しいことは公式サイトにて確認

 

普通に買い物する分には、特に不自由はないかと……ポイントの現金化は難しいですが、現金と同じように使う方法の紹介でした。

 

実際便利すぎて、チャージしたお金をすぐ使い切ってしまう 😥

 

というデメリットもありますね。コンビニが職場近くにあると危険です。お昼はここでいいやってなる意志の弱さが問題なのですがね。