家にあるもので使い捨てマスクを長持ちさせる方法

まだストックはあるとはいえ、使い捨てマスクをポイっと簡単に使い捨てるのを躊躇う時期になってきました。

とはいえ”使い捨て”をそのまま使い回すのもイヤだし、かといってずぼらで雑な性格をしているので布マスクを洗濯して使うのも面倒で続きそうもない……。

ということで、しばらく使い捨てマスク1枚をできるだけ簡単に清潔に使い回すことにしました! なんと費用は0円!

用意したのはこちら。

古くなったタオル。

まぁ新しいのでもいいですし100均で買ったのでもいいですが、お金を掛けないという観点でいくと古いタオルがベストですよね。

古いタオルといってもこれで顔や手を拭いているので普通に洗濯すれば十分だと思いますが、私は除菌的な意味で念のため洗濯前に熱湯に漬けときました。

熱湯除菌・洗濯・太陽の下で干して(紫外線殺菌?)ピカピカになった古タオルを、

はさみで切る。(終わり)

これをマスクと口の間に差し込む充て布にする。フェイスタオル1枚で24回分になりました。

保存は、台湾旅行時の小物の仕分けにと思ってセリアで買ったはいいけど泣く泣くキャンセルして宙に浮いてしまったスライダーバッグで。

友人に倣ってガーゼを買うことも考えたのですが、気軽に使い捨てたいので私はタオル!

綿100%だから吸水性もバッチリ、口当たりもやわらか(物によってはくすぐったい)

タオルの色的に透けて見えるかな~?と思ったけど、このくらいなら大丈夫でした。柄物だと分からないですが。

これで1枚の使い捨てマスクを長持ちさせる作戦。

マスクは補充できないけどタオルなら補充できるので、私はしばらくこれでいくことにします。

ちなみに黙ってれば大丈夫ですが、たくさん喋るとズレてきます。でも息で籠もる湿気を吸収してくれるので気持ち悪さは軽減。

一長一短で、総合的に長に寄ってる感じ。