始まったら悩みになった。

消費税増税が就職氷河期世代を直撃して生活がますます苦しくなるそうですね。

学生時代、教授に「去年までウチ(研究室)にも10件くらいは求人来てたけど今年は0だから、就職先は自分で見つけるように」と言われたどんぴしゃな世代です。毎年2人くらいしか入らない研究室のくせに10件!?とそっちの方に衝撃を受けた思い出です。

そして現在は無職という、就職氷河期の悲哀みたいな特集ページとかにうってつけの人材となっています。えへん!

とはいえ地方だと都会ほどの焦燥感は生まれにくいのか、割とのんきに暮らしてもいますが……ごめんね、同志たち。おまけに職業訓練校に通うという僥倖にも恵まれたので、専門学校に行ったらン十万円はかかるだろう受講料が無料になるうえお金まで支給されながらスキルを身に着けることができるというラッキーなことに。

日本は結構失業者に手厚い。都会で生活が大変な人は移住して我が地元のハローワークに通うといいよ。人口少ないから変な人も少ないよ。みんな優しくて親切だよ。高圧的な人とかいないよ。

訓練修了生の就職率は9割らしいので期待してる。ダメダメすぎて1割になるかもしれないけど。

そういうわけで規則正しい生活が始まったのですが、思わぬ悩みが発生しました。

それは服。

長年制服暮らしだったので忘れていたのですが、私服通学って自分で全部の服を用意しなきゃだめじゃん。

いや制服の時もブラウスやカーディガンなどは自分で買うのですが、基本着るものが同じなので服のことは休みの日で外出する時にしか気にしなくてよかったのです。毎日毎日ださい制服着させられてテンションさがるーと思ってましたが、私服の方が周囲からの目を気にして着るもの選ばなきゃならないぶん面倒でテンションダダ下がりです。

毎日着るもの変えなきゃいけないとか、もう面倒くさすぎてイヤー!!ってなったので、あれやります。

私服の制服化。同じ服を何枚か買って、毎日同じ見た目のやつやります。目指せスティーブジョブズです。

文字通りの制服化をするため、楽天スーパーセールを利用してウォッシャブルの事務スカート買ってやりました。ダサイ。でも無難だしスーツよりらくちんでいい。

 

上はドライTシャツを買ったので(同じ色ばかり)、暑い間は毎日これを着続ける。

 

そのうち涼しくなってきたら、ジャケットを調達しようと考えています。同じ服ばかり着ている人と噂されても構わない。私は自分がらくなように生きるわ。

おしゃれとは無縁の生活の方が私には向いてる。

ということで次に働く時は、制服のある職場を希望することにします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ

シンプルライフ
スポンサーリンク
もう好きに生きるわ。