MGCの感想と増税前に購入したものなど

昨日は一日中MGCの余韻に浸っていたので更新するのを忘れていました。

まぁ仕方ないよねー、オリンピックの代表が内定したんだもん。そりゃ興奮するってものだわ。

ってとこで、2020年東京オリンピックのマラソン日本代表は、3人のうち2人、

  • 中村匠吾選手
  • 服部勇馬選手

が内定を決めましたー。おめでとうございます。

3位は大迫傑選手で、今回は内定まではいきませんでしたが、実質今度(来年3月)の東京マラソンで日本新が出ない限りは大迫選手で決まりそうです。

中村選手は箱根の時もそれ以外の駅伝でも強くて安定感があった選手ですが、まさか1位を取るとまでは思いませんでした。大学卒業後も母校の駒澤大学で大八木監督と一緒に力をつけていってたのをレース後のニュースで知りました。すごいなー。38キロ過ぎからのスパートと後続を引き離してそれを維持できる力は今も健在でした。最後の最後にいいもの見させてもらいました。

服部選手は前評判通りの強さでした。自分を律してこつこつと地道な練習を積み上げていくタイプというイメージです。フルマラソンでは後半が弱くてずるずる落ちていくのがもったいないなーと思ってましたが、MGC出場権を獲得した福岡国際マラソンで実力にプラスして自信もついたのかな? 今回35キロを過ぎても安定感のある走りで安心して見ていました。プレッシャーがかかる中で内定を取ったのは、本当にこの選手も卒業後にさらに強さを身に着けたのだと思います。

3位の大迫選手は昔から頭が良いというか計算して走る選手だなと思っていました。なので今回は1位狙いではなく2位以内を目指して走るのかと思っていました。が、頭より先に体が動いた!みたいな我を忘れて走るようなシーンが見受けられ(実際はどうか知りませんが)、一人で海外に飛び出し走りを磨いてきたガッツのあるところが見られて楽しかったです。よほどのことがない限り代表に決まりそうなので、本番でも力強い走りが見たいです。

マラソンって2時間超えだから見どころいっぱいあって書ききれないですよねー!!

ちなみに私が応援していたGMOアスリーツの橋本選手は5位でした。箱根の猛者たちを抑えての5位ですよ。すごい! MGCの出場権を獲得した別府大分毎日マラソンの時は、けっこういっぱいいっぱいで獲ったみたいな雰囲気があったので(誤解ならすみません)、正直今回は15~20位くらいかなと見くびったことを考えていました。でも後半、集団の前に出るシーンもありましたし、この選手も着実に力をつけてきているなと思いました。色々なレースに出場して場数を踏んで、再来年あたりの世界陸上やその次のオリンピックで代表とってくれないかなーと期待しています。

スタート時のスローペースにどうなることかと思いましたが、結果的には面白い試合でした。8:50スタートなのに、7:30には実家でスタンバっていた甲斐があったってものです。

次はドーハ(世界陸上)。時差が結構つらいのにトラックもフィールドもある。睡魔と闘いながら(学校があるので)観戦します。

 

増税前によくばって日用品をストックした図。

1年は持つね!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ

その他
スポンサーリンク
もう好きに生きるわ。