これでいつも綺麗。我が家のトイレ掃除グッズ。




 

今回は最後に掃除後のトイレの写真があるので、苦手な方はお気を付け下さい。

 

何もなければ、土日祝日が休みです。なので土曜日の午前中を、「集中して掃除をする時間」に充てています。

 

月〜金までの疲れとか汚れとかを一掃して、爽やかに休日を迎えるぞ!みたいなね。気分の問題でしょうが、一人暮らしを始めてから珍しくも途切れず続いている習慣です。

 

実家時代は綺麗な部屋をキープできていたとはとても言い難いので(完全汚部屋寄り)、一人暮らしをするにあたって、テレビで見るようなゴミ屋敷化しないために、掃除や部屋の整理整頓は最重要課題でした。

 

当時購入した本。

今も愛読中。初心を忘れそうになった頃に読み返すと良い。

 

この本を参考に、何があってもトイレ掃除だけは真面目にしよう!と決めています。

 

トイレ掃除時の相棒。

100均のスポンジと使い捨て手袋。あと雑巾とスプレー洗剤があるけど、新品ではないので写真は割愛。ウチにはトイレブラシがないので、この2つが掃除の強い味方なのです。

 

本当は毎日隅々まで掃除できればいいのでしょうが、仕事のある日はあまり余裕がないので、濡れ雑巾と洗剤でトイレ(便器)の外側と床などを拭いてお終いにしています。そのぶん土曜日頑張る。

 

土曜日は、平日の掃除に付け加えて棚や壁なども拭き、最後にトイレの内側も。

スポンジを6つに切るとミニスポンジに。1回の掃除につき1個使用なので6週間もつ。手袋は1回につき1枚使用で100回分、約1年もつ。どちらもコスパ良し!

 

使い捨て手袋を利き手にのみ装着し、これでトイレの内側を磨くのです。あそこに手を突っ込んでゴシゴシ磨くのです。掃除を終えたら、手袋を裏返しに外しながらスポンジを包んでゴミ箱にポイ。そのままハンドソープで手を洗ってしまえば、どこも汚すことはありません。

 

初めの頃は便器に手を突っ込むのにすごく抵抗があったのですが、慣れればどうってことない。むしろ自分の手で確認しながら掃除できるので、トイレブラシより綺麗に磨けている自信がある。人間、どんなものにも大概慣れるものです。

 

スポンジも手袋も使い捨てってのは環境的にどうなのかと考えないこともないですが、トイレブラシを持つよりも衛生面・精神面でスッキリするので、割り切って使っています。その代わり洗剤は、子どもやペットがうっかり舐めても安心・地球に還る自然素材の粉末洗剤を。適量をお茶パックに入れて一晩水につけておくと、液体洗剤になるのです。

 

最近では、用事があって土曜の午前中に掃除ができない時は、時計を見るたびソワソワしてきます。モゾモゾというか。

 

もう私の中では、無意識に「掃除=休日の始まり」とインプットされているのかもしれません。掃除をしないと本当の休暇はこないぞ!みたいな。

 

賃貸でトイレに窓がないタイプだから(換気扇のみ)、空気を入れ替えたくて余計掃除に力が入るのかも。トイレットペーパー以外は白で統一。

 

本によると、トイレには神様がいらっしゃるそうなので、「金持ちになりたい」と邪心を抱きつつ今日もまた掃除に励むのです。

 

↓ポチっとしてもらえると更新の励みになります↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ  

広告

ABOUTこの記事をかいた人

地方都市(田舎成分多め)在住のアラフォーおひとりさま。 2015年9月より1Kの賃貸で一人暮らし開始。 身も心もシンプルイズベストな暮らしを目指しつつ好き勝手に生きてます。