旅支度2

 

いよいよ出発日が近づいてきました。ドキドキするわ―、2回目なのに。

 

そういうことなので、今回は荷造りの話です。

 

荷物は2つに分けて運びます。1つがスーツケース、もう一つが街歩き用のショルダーバッグ。

 

あれ? 私、赤とかピンク系が好きなのかな? 初めて知ったわ。

 

スポンサーリンク

ショルダーバッグに入れたもの

  • 無印のエバーケース(パスポート、バスチケット、バウチャー、ボールペン、無印のパスポートサイズメモ帳、海外旅行保険約款的なやつをプリントアウトしたもの)
  • 現地用財布(前回の旅行で余った台湾ドル、悠遊カード、両替予定の日本円、クレジットカード)
  • ミニポーチ(日本のお金:カード払いできない店で使う用・旅行中はスーツケースへ移動予定)
  • その他(手ぬぐい、ティッシュ、ウエットティッシュ、お守り、リップクリーム、ハンドクリーム、くし、目薬、使い捨てコンタクト1日分、使い捨てマスク、飴、歯磨きセット、絆創膏)
  • スマホ
  • モバイルバッテリー(一番下のピンクのやつ。重い)

 

何と今回はバス泊です。前回地元→関空までを渋滞必須の梅田経由のバス移動という間違ったチョイスをしたせいでバスが延着しまくって心臓に優しくなかったので、今回は学習してOCAT(難波)経由にしました。

 

ついでになるべく長く台湾に滞在するため午前発の飛行機を選んだので、それに間に合わせるためには田舎者の移動手段を考慮すると前の日の晩に出発するしかないのです。難波周辺のホテルに前泊するという贅沢は友人ともども最初から選択肢にありません。なのでバス泊。友達とは価値観が一緒で助かるわ。

 

そして一泊分浮いたお金で地元を出発前に宴を催すことにしました。バスが深夜発なので、早めに集合してバスターミナル近くの居酒屋で景気づけの乾杯と洒落込むのです。

 

↑こういう事情なので前回は持って行かなかったけど、歯磨きセット、必要だよね。100均でコンパクトな奴を買ってメガネケースに移し替えました。メガネで出発するので、関空で朝ごはん食べてコンタクト入れるタイミングで歯磨きもして、その場で歯ブラシも歯磨き粉も処分するつもり。

メガネケースに入れて行って、使い終わったら全部捨ててメガネを入れる。エコじゃなくてごめん。

 

マスクと飴はスッピンを誤魔化すのと、前回台湾で喉がイガイガしたのでその予防のため。本格的な観光が始まるのはホテルのチェックイン後なので、その時に化粧すればいいわ~と開き直って持ち歩かない。

 

全部入れたらギチギチになりました。これ肩にずっしりくるやつだ。鞄に余白がない。

 

スーツケースに入れたもの

 

  • 着替え(1日分+下着類)
  • 化粧品(ファンデーション、ブラシ、アイブロウ、100均の足裏樹液シート、ボディタオル、使い捨てコンタクトレンズ数日分、S字フック、洗濯バサミ)
  • (ビオフェルミン、葛根湯、パブロン、太田胃酸、ロキソニン)
  • 充電器
  • エコバッグ(観光時にショルダーに移し替える)
  • ウィンドブレーカー(観光時にショルダーに移し替える)

 

ショルダーの方が荷物多いわ。今回は2泊3日&季節柄、1日目と3日目は同じ格好で過ごして荷物減をはかります。インナーだけ変えれば大丈夫よね。大丈夫じゃなかったら現地調達。

 

薬~。庶民の味方・葛根湯、風邪を引いたらパブロン、あまり使わないけど太田胃散、痛い時のロキソニン……を、エバーケースに入れて持ち運ぶ。パスポートのコピーと予備の顔写真もここに忍ばせておく。移し替えるのが面倒なのでビオフェルミンは瓶ごと連れて行く。

 

 

化粧品類はセリアのスライダーバッグに空気を抜きつつ入れる。スライダーバッグは予備も持って行って、濡れたり汚れたりしたものを別にできるよう準備も万端。

 

着替えの服は、今回コレ↓に入れて風呂敷で包んだ。

潰れたら困るお土産を買った時に、これに入れて持って帰る用。スーツケースの右側(プラケースが置いてある側)は底がデコボコで入れづらいけど左側は平らなのでプラケース、ジャストフィット。

 

お土産の事を考えてスーツケースの半分空っぽにしておいた。

 

 

多分これで大丈夫でしょ。

 

では行ってきまーす。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ

海外(台湾)
スポンサーリンク
もう好きに生きるわ。