台湾3泊4日親子旅③ ~続・お茶教室とバスツアー~

 

台湾旅行2日目午後編はさくさく行きますよー。

 

スポンサーリンク

十分はランタンあげ

午後2時に台北駅で集合ののち、バスで十分(じゅっぷん)へ。近づくにつれ、上空にはランタンが上がっているのが見えてきます。

 

雨が降ったらランタンあげは中止でしたが、曇り空のまま保ってくれたので無事決行。集合時にランタンの種類を選んでおき、現地ではお店の人に誘導されるがまま願い事を書いていざ発射(?)

 

ランタンの色によって願い事が違うそうで、8種類くらいのなかから1種類だけ、4種類をと自由に選ぶことができます。我が家は、金運、健康、仕事、開運の4種類を選び、ランタンの4面それぞれに筆と墨でさらさらっと具体的な欲望にまみれた文言を書きつけました。恥ずかしいから写真はなし。

 

4色ランタンは200元(700円くらい)でした。

 

お店の兄ちゃんにスマホを渡して、言われるがまま様々なポーズを取っての記念撮影ののち点火! 手を離したらあっという間に電線に引っかかって燃え尽きました~。欲望が強すぎたか。

 

兄ちゃんとガイドさんの2人から、火を付けた時点で願いは届いてますみたいな慰めをもらいました。いい人たちだ。

 

空高く舞い上がり給え。我が家のは映っていませんが、こんな感じであちこちでランタンが飛んでいます。

 

ランタンあげが終わったら、九ふんへ向けて出発。

 

日暮れ前の九扮

前回のびしょぬれ体験↓を教訓にね、今回はばっちり決めてきましたよ。

[kanren postid=”7668″]

 

濡れていい服に傘でしょ、レインコートでしょ、濡れた傘を収納するバッグの三段構え。

 

なのに九ふんは晴れてた。降水確率どこいった!? 荷物丸々無駄になったよ。九ふんにおちょくられてるのかな??

 

人ごみを覚悟していたのですが、日暮れ前とあってか非常に空いていて快適でした。事前に人気のお茶屋さんを予約できるサービスもあったのですが、お茶は午前中に飲みまくったので自由散策のみで。

 

九ふんからの眺め。

 

元金山だと分かる彫刻壁画。

 

千と千尋の神隠しのモデルになったお店の入口。なにあの顔。めっちゃ好きだわ。

 

九ふんグルメ、ガイドさん大プッシュの草餅、切干大根バージョン。たしか20元(70円くらい)。もっと買っておけばよかった。美味しすぎた!

 

九ふんグルメ、芋団子。もちもちは正義。

 

そうこうするうちに日が暮れ出し、ランタンが点き始める。

やはり夜空に赤いちょうちんは映えますねー。でも真っ暗になる前に九ふんを出発。

 

帰りの解散場所は台北駅か士林夜市のどちらかが選べたので、初めての士林へ。あまり歩いた記憶はないけれど結構疲れていたので、夜市内を堪能することなくまっすぐに地下のグルメゾーンへ。

 

青菜の炒め物 50元(180円くらい)

 

お店の人おすすめの牛肉麺、90元(320円くらい)。学校の給食みたいと敬遠してたのですが、おすすめされるだけあって美味しかった

 

パイナップルえび団子、150元(540円くらい)。期待したほどではなかった。何故練乳とチョコと缶詰パイナップルなのよ? デザートなの? おかずとして食べたよ。

 

布教中の臭豆腐、50元(180円くらい)。やはり熱々カリカリは美味しいわー。何でこれ食べないんだろうね、日本人。もったいない。

 

美味しかったけれどマイベストは「饒河街観光夜市」で食べた臭豆腐です。ニンニクとの相性が絶妙だった。また行きたい。

 

これだけ食べても一人当たり600円くらいだから素晴らしい。

 

ごはん食べたらさっさとホテルに戻って寝ました。

 

あ、違った。その前に足裏マッサージ+全身マッサージ60分コースやってました。

中山駅近くのマッサージ店。圧(?)がちょうど良くて前回に引き続き2回目の訪問となりました。

 

 

さすがに色々忘れてますね……鉄は熱いうちに打つべきでした(反省点)。

 

続く。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ

海外(台湾)
スポンサーリンク
もう好きに生きるわ。