山口県~角島・錦帯橋への旅 2

旅行・おでかけ

 

2日目のドライブ旅行は、軽ーく錦帯橋周辺観光と獺祭(だっさい)の工場見学です。

 

帰りの距離を考えると、昼過ぎには岩国を出発しないとダメっぽいのでサクサクいきますよー。

 

朝の錦帯橋

 

2日目も朝から寒い。ただこれから天気は良くなる、とニュースでやってました。観光日和

 

まずは温泉旅館を堪能すべく、朝食が始まる前に朝風呂へGO。貸し切りでした。早朝の露天風呂は極楽ですな。

 

朝ごはんが豪華。右上の釜はごはんじゃなくて豆乳。温めると固まるそうで、おぼろ豆腐くらいかなと思ってたけど、食べる頃には普通に食べ応えのある固さの温かい豆腐になってました。食後のコーヒーはセルフ。

 

ところで本日のメイン、酒造工場見学では試飲もできるのです。ということで帰路の運転手は私一人なので、気合を入れて朝ごはん完食!

 

その後、少し部屋で休憩していよいよ出発。

 

錦帯橋の往復通行料は300円ですが、山の上にある岩国城の入館料とそこへ行くまでの往復ロープウェイ料金とをセットにすると940円になり、それぞれで払うよりちょっぴりお得になりました。

 

お城はここです。

ロープウェイ必須。※歩いても行けます。

 

3~4分ほどロープウェイに乗り、降りてから8~10分ほど歩いて岩国城到着。

朝っぱらからいい運動になったわ。

 

見た目はお城で、中は資料館でした。刀メインの展示で好きな人は好きそう。私はスルーしました。ほら、時間もあまりないし。

 

展望台(最上階)からの景色↓

ちょい拡大↓

錦帯橋もくっきり。

 

無事写真も撮れたことだし、ホテルへ戻ってチェックアウト。いよいよ酒造工場です。

 

旭酒造で獺祭を作ってるところ見学

獺祭ストア↑ にて見学の受付を済ませる。

 

錦帯橋から車で30分ほどで到着。見学は午前、午後ともに1回ずつ、定員は少ないですが事前にネット予約をすれば誰でも見学可でした。使い捨ての割烹着風エプロン等の料金で一人200円。試飲する人は追加で300円とのこと。安い!気がする。

 

時間になると案内役のスタッフの方に連れられて獺祭ストアの向かいのビルの中へ。普通に事務所というか本社ビル? 入ってすぐのところでは打ち合わせとかされてたし。酒蔵どこだろー?と思っていたら、獺祭はこのデカいビルの中で造っているそうです。

 

酒造会社には必須そうな杜氏さんもいらっしゃらないそうで、細かくデータを取っていくことで品質の維持管理を行い、従業員の入れ替わりがあってもお酒の質を落とすことなく同じレベルの商品を提供できるシステムになっていました。現代の酒造会社、凄い。

 

この日は不在がちな会長さんが在宅?(ビル内に自宅があるのも凄い)されていて、ご丁寧に挨拶していただきました。こちらこそ工場を見せていただきありがとうございます。何だかラッキー? 日ごろの行いが良いせいかな?(テンション上がってます) 

 

工場内は写真OKでした。とはいえネットに上げてもいいかどうかの確認はしそびれたので、写真は見学した人だけの特典で。

 

だだっ広いフロア一面に、仕込みの終わった酒樽が整然と並んでいる様子は圧巻でした。これが全部酒! 仕込んで間もない樽、一週間ほど経った樽、まもなく瓶詰めして出荷できそうな樽などを順番に見せていただくとテンションますます上がって「お土産にお酒買わなきゃ」って気になりますねー。発酵してぷくぷくしているの、本当に生き物みたい。

 

見学後はストアに戻って、希望者は試飲で終わり。1時間ほどの見学タイムでした。

こんな感じで3種類試飲できました。父によると、左端の2割3分が一番フルーティーで飲みやすいとのこと。その分お高いけど。そんな感想を述べながら試飲後、ヤツは土産物色中の私たちの買い物かごの中にさりげなく酒瓶突っ込んできました。自分の分くらい自分で払えよー。

 

飲んじゃダメな私と、運転はしないけどいざという時要員の母はアルコールなしの獺祭アイスで。

 

 

自分用に飲みやすいというヤツを買おうかなと思ったけど、よく考えたら私日本酒全然飲まないんだった。

でも名残惜しいからお手軽価格で飲み心地が軽そうなスパークリング日本酒にしてみた。花見酒するために冷蔵庫で待機してる。

こういうことらしいので、保冷バッグなどを持って行った方がいいかと思われます。

 

他にも煎餅やカレー、お酒のケーキ(含アルコール)もあるので飲まない人へのお土産にもいいかもしれません。

 

お昼は宮島SA

 

岩国でお昼をとも考えたのですが、スマホのナビに頼ったとしても土地勘がなさすぎるうえ朝ごはんを全員がモリモリ食べたおかげでお昼になっても特にお腹が空いていない。

 

ということで、帰り道のサービスエリアで休憩がてらお昼ごはんにすることに。

呉の海軍カレー、広島牡蠣付き900円也。

 

米の量がね、ぎゅうぎゅう詰めで3人前くらいあったわ。完食したけど。そして広島観光してないけど、もみじ饅頭やら海軍カレー味のマヨネーズ(ソース?)やらをお土産に買ったわ。

 

 

あとは帰るだけなので、途中途中のサービスエリアでカレーパン食べたり、大学芋食べたり、コーヒー飲んだり、野菜買ってみたりと、ほぼ運転と食で占められた旅行でした。

 

食べてばっかり!

 

でも楽しかった。さらば我が愛車。