函館1日目は欠航からのスタート




 

函館の旅は、しょっぱなから派乱に満ちていました。

 

飛行機の振り替え対応で経験値アップ

 

旅行前日まで函館の天候は大雨で芳しくなかったのですが、我が地元はそうでもなかったのです。だから地元→羽田空港行きの飛行機の心配など全く気にせず、出発日前日はぐっすりと眠りました。

 

そして翌朝(出発日)。目が覚めた私のスマホに「欠航」のお知らせが届いていました。ひえー。欠航理由は機材(飛行機)が準備できなかった為との事。前日の地元行きの最終便が欠航になると、折り返しで飛ぶ翌朝1便(搭乗予定便)も同じ流れで欠航になるのですが、まさか自分がそれにぶち当たるとはね~~。というか、前日最終便の欠航が決まった時点で翌朝便も自動的に欠航になって連絡来るのに、そんなメール来なかったよ???

 

それにしても欠航って……困る。羽田から乗継で函館へ行く予定なのに、地元→羽田便に乗れなかったら、時間的に乗継便に間に合わないんだけど 😥

 

届いたメールにはウェブ上で振り替え便の手続きができるとあったので、急いでパソコン立ち上げて航空会社のサイトへ。ログインして予約確認ページへいくと、欠航を謝罪するポップアップがその都度開くのでいちいち消すの面倒だよ。焦ってるとなおさら鬱陶しく感じるので、個人的には1回でいいわ。

 

いろいろと試した結果、羽田行の1便から2便への振り替えは席に余裕があってできそうだけど、その次の乗継便(羽田→函館)が日中はどれも満席で振替不可、夜の最終便を選ぶの一択しかなかった。ということで、羽田→函館間は別のルートを検討することに。うん、これは初日は移動だけで終わりそうな予感。

 

別ルートの候補としては、次の2つ。

 

  • 別会社の航空便を押さえる。
  • 陸路(新幹線等)を使う。

 

こまごまと乗換があると疲れるから、できるだけひとっ飛びでびゅーんと現地入りしたいわ。

 

格安航空券をひとまとめに比較してくれるスカイスキャナーで検索したところ、AIR DO(エア・ドゥ)に空きがありました。しかしおひとり様あたり3万近い。ぎゃー、当初の2倍の価格! 追加料金6万(2人分)はきつい。振り替えによって生じた差額分は後日精算してくれるとサイトにはあったけど、必要書類を揃えて郵送したりと手間が多いうえに時間もかかりそう。

 

カスタマーセンターに相談したくても6:30にならないと電話繋がらないし(この時点で朝5:30くらい)

 

とりあえずAIR DOで予約だけして、最終手段、空港へ直接行くことにしました。車を走らせること20分少々、1時間以上離れてたら諦めるところだったので比較的家から近いところに空港があって助かります。

 

空港の窓口には、おそらく私同様1便欠航を知って振り替えに並ぶ人たちがいました。田舎のいいところは、人が並んでても長蛇の列にはならないところですね! 対応窓口が5つあったので、5分ほどで私の番がきました。

 

地元→羽田を2便に振り替えるのは可、羽田→函館はネットで検索したとおり夜の便しかないがどうするか?と問われたので、スマホに予約画面を表示してコレに乗りたいので乗継便はキャンセルしたいと伝えたところ、かなり時間はかかりましたが希望通り対応していただけました。おまけに追加料金もなし(=後日精算の手続き不要)、羽田でのAIR DOの搭乗手続きをしなくていいように発券まで済ませてあるという手厚さ。

 

元々搭乗予定の航空会社とAIR DOがコードシェアしているのでスムーズにいったのかな? 何にしろ助かります。これで予定は大幅にずれるとはいえ函館には行けそうです。

 

すんなり予定便に乗れなかったことで経験値はアップしましたが、結構焦るし搭乗便が決まるまで不安だし、なるべくならこれっきりにしたいところですけどね。

 

羽田での待ち時間は4時間。暇。

 

飛行機の振り替えによって、羽田の待ち時間が4時間になりました。空港窓口で3便に振り替えても充分間に合いますよと言われましたが、家で時間が来るまでゴロゴロしてるより羽田でウロチョロしてる方がマシかと4時間待ちコースをチョイス。

 

暇です。

 

4時間を舐めてた。観光するには何だか中途半端だし、休憩には長い。私としてはこの機会にゴールドカード持ちは無料で利用できるという空港ラウンジを堪能してみたかったのですが、母が乗り気ではないので諦める。お土産屋さんは一通り廻ったし、暇すぎて無料バスで国際線ビルへ。

レプリカの藤がお出迎え。

 

日本橋もあったので渡ったらすることがなくなりました。仕方ないので屋上へ行き、飛行機が飛び立ったり降りてくるのを延々と眺める母娘。途中で思いついて羽田の無料wifi使って「おかずのキッチン」を流してみたけど、飛行機の音が大きすぎて何喋っているのか全然分かりませんでした。

 

国内線の屋上は人が多いけど、国際線はのんびりしてました。まったりするなら国際線ですね。

 

搭乗2時間を切ったので、国内線ビルへ戻って遅めのお昼ごはん。

 

オムライスプレート(母)とカレープレート(私)

 

1時間を切ったので、保安検査場を通って搭乗口へ。

AIR DO便、可愛い。機内サービスの紙コップも可愛かった。

期間限定のハスカップジュース(微炭酸)

 

いつみても雲海には惚れ惚れする。雪原みたい。

 

無事に函館空港に辿り着きましたー。

雨もなんとか上がったみたい。

 

当初12時頃にここに着く予定だったけど、今は16時過ぎ。函館は日中はずっと雨だったから、早く着いても観光もままならなかっただろうし、結果的にはこれで良かったのかも??

 

ただ寒い。

2時間前にいた東京が20℃超えだったから余計寒く感じる。

 

駅近ホテルを予約していたので、空港連絡バスで函館駅に着いたらまっすぐにチェックイン。しばしホテル内で休憩~~。

 

雨上がりの夜景は絶景

 

初日は午前移動、午後フリー、夜に観光バスの予約を入れていました。函館山からの夜景を見る往路バス&復路ロープウェイのコース。

 

駅にセブンイレブンがあったので、おにぎりを買って腹ごしらえをしつつ20時の集合時間まで待機。バスガイドさん曰く、「ちょうど雨が降って大気中のチリやゴミがきれいに落ちたので、夜景、とっても綺麗に見えますよ~」とのこと。おお、結果的にラッキーかもっ!

 

函館山より。

 

肉眼だと目が覚めるようなキラキラした景色だったけど、写真だといまいちかも。スマホの限界ですかね。

 

 

自由時間は30分あったのですが、とにかく風が強い。おまけに気温は8℃のまま。寒いし風は冷たいしで撮影も15分が限界です。

 

翌日以降は函館も20℃超えの予報が出てたので、「1日目だけ耐えたら何とかなる」と思って薄着で来たのはちょっと失敗でした。周り、推定ウルトラライトダウン(©ユニクロ)の人だらけだったよ。みんな準備いいな。

 

帰りのロープウェイはあっという間でした。動いたなーと思ったらもう到着。バスは山の中ぐるぐる回りながら登ったのにね。

 

ロープウェイのあとは再びバスに乗り、21時30頃に函館駅到着。夜景を見に行く前は「帰りにコンビニでビールと枝豆買ってホテルで飲もう」と話していたのに、寒すぎて全てがどうでも良くなり、大人しくホテルへ戻って風呂入って寝たのでした。

 

こうしてスタートに躓きがあったものの、なんとか函館の旅が始まりました。

 

 

参加中


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ  

広告

 

【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com

PVアクセスランキング にほんブログ村

ABOUTこの記事をかいた人

地方都市(田舎成分多め)在住のアラフォーおひとりさま。 2015年9月より1Kの賃貸で一人暮らし開始。 身も心もシンプルイズベストな暮らしを目指しつつ好き勝手に生きてます。