バスで巡る函館の旅 2日目




 

2日目は、打って変わっての晴天。

 

定期観光バスで1日かけて函館の名所を回る予定です。

 

再会

 

朝、集合場所である駅前バスターミナルへと行くと、見覚えのある方の姿が。昨日の夜景観光の時のバスガイドさんでした。昨日は夜遅かったのに、今日も朝早くから一日中お仕事とは……お疲れ様です。今日もよろしくお願いします。

 

バスに乗り込む観光客の中にも見覚えのある顔がぞろぞろと。うん、昨日の夜景で一緒のバスに乗った人たちだ。考えることはみんな一緒ですねー。

 

バスは午前コース・午後コース・一日コースの3つあります。一日コースの私たちは、お昼を挟んでメンバーが入れ替わるのを見つつ午前&午後コース全部に参加します。

 

トラピスチヌ修道院

南フランスのルルドの洞窟を模して造られたもの。トラピスチヌ修道院は女性の修道院。建物の中に入ることは当然できませんが、30人近い方たちがここで暮らしているそうです。離れたところに男性の「トラピスト修道院」もあります。バター飴やクッキーが有名ですね。

 

五稜郭公園

五稜郭タワーからの眺め。公園の真ん中に見えるのが箱館奉行所。

 

雨上がりの澄んだ空気のおかげで、左上にうっすらと下北半島(青森)が見える。

 

函館山の向こうに雪を被った山も見える(名前は知らない)

 

事前に実家にある西村京太郎さんの十津川警部シリーズ「五稜郭殺人事件」を読んできたので、新撰組の土方歳三が五稜郭と縁深いことを私は知っているのです。

タワー内の土方さん。逆光で良く見えない。

 

散策時間が多めに取られているので、公園内の奉行所へ。

 

暑いくらいの快晴。

 

中は撮影OKでした。

 

 

函館はイカ(するめいか?)の水揚地です。マンホールの蓋もイカで可愛くて「後で撮ろう」と決めてたのに撮り忘れたのが無念。

 

五稜郭公園出発後は、車窓からベイエリア近辺を見て回り函館駅へ。午前コースは終了です。

 

函館朝市

 

一日コースの人は朝市に移動してお昼ごはん。私達含め9人いました。バスは満席だったのでほとんどの人が午前コースだったのですね。

 

海鮮丼と焼魚定食のどちらかをあらかじめ選択済みなので、席に着いたらすぐに食事がやってきます。

 

テンション上がって普通に食べ始めてしまい、海鮮丼の写真撮り損ねた。パンフレットのままの丼&イカの刺身、イカの沖漬けっぽいもの、味噌汁、漬物のセットでした。

 

食事後は朝市内をウロウロ。毛ガニやウニが推しっぽかった。それにしても海鮮丼、どれもこれも良いお値段するわ~。観光地価格なのかな? ウチの地元でも港の近くで安く海鮮丼食べられるとこいっぱいあるから、私はそこでいいわ……ってなりました。強気な価格に手が出ません。ツアーに含まれてなかったら海鮮丼食べずに終わったかも。

 

青函連絡船記念館 摩周丸

朝市のすぐそばにある摩周丸。

 

摩周丸の元船長であるボランティアガイドさんによる解説付き見学。普通なら一通り見て「ふーん」で終わるだろう見学が、すごく深みのあるものになりました。乗組員・船長時代の経験などを交えての軽快な解説がすとんと頭に入ってきて、あっという間の50分でした。正直、このコースの中で一番楽しかったです。

 

摩周丸と同じ青函連絡船・洞爺丸の遭難事故(タイタニックの次に被害の大きかった歴史的大事故だそうです)や、セウォル号の事故(韓国)がなぜ起きたのかという話も凄く腑に落ちた。歴史の重みを感じるひとときでした。

 

摩周丸からの眺め。

 

元町協会群散策・外国人墓地

二十間坂。函館は防火対策として大きな道(坂)がいっぱいある。

 

摩周丸見学が終わった後は、バスはいったん函館駅へと戻り午後コースの人達と合流。午前中最後に車窓から見たあたりを、ボランティアガイドさんと共に実際に歩いて回ります。午後コース参加者は少なめだったので座席指定が解除され、空いている席に自由に座れるようになりました。

 

ハリストス正教会。ロシアの教会です。十字架に特徴があって、よく見る普通の十字架の上下に短い棒がそれぞれ付いていて(八端十字架)、下の棒が少し傾いで斜めになっています。この斜めの棒にも意味があるのですが、そういう話をガイドさんが丁寧にして下さいます。

 

八幡坂。チャーミーグリーンのCMで一躍有名に。チャーミーグリーンは覚えてるけど、舞台がここだったのかは記憶にないなぁ。でも確かにいい眺め。

 

石畳の中にハートが隠れてる(ガイドさんに教えてもらって撮った)。わざとハート形にしたのか偶然なのかは分からないそうです。

 

旧函館区公会堂。やたらとゴージャスな見た目。左右対称の建物だそうです。なるほど。

 

ここからの眺めも素晴らしい。良い風が吹いてて気持ちいいです。

 

その後は再びバスで墓地へと移動。外国人墓地はさすがに撮影自粛。人んちのお墓を撮る趣味はないしね。

 

金森赤レンガ倉庫

ここは自由散策組とガイド組に分かれて行動。私達はガイド組を選びました。せっかくだから地元の方の話を聞きながら歩きたいじゃないですか。

 

ガイド組は9人。まんま一日コースのメンツでした。だよね、摩周丸のガイドさんの話を聞いたら、ガイド付きの散策ってすごく有意義に思えるもんね。分かる!

 

東日本大震災の時、赤レンガ倉庫のこの高さまで津波が来たというプレート。今は被害の面影もないくらい賑わっていました。

 

有名な風景。このあたりは上昇気流が発生していて常に風が強いとのこと。確かに。

 

ここにもどこかにハート形が隠れてるそうです。

 

のんびりと倉庫群を巡りバスへと帰還。

バスに戻るとおやつのワッフルを頂きました。カリカリしていて美味しい。

 

その後は意外と近くにあった函館駅へと移動して解散。お疲れ様でしたー。

 

夜ごはん

駅ちかくの複合スーパー(?)の地下に「ハセガワストア」があり、焼き鳥弁当が有名とのことで夕食に買ってみました。焼き鳥と言いつつ肉は豚です。豚串。

 

どうして豚肉を焼き鶏弁当と呼ぶようになったのか、ガイドさんに教えてもらいましたが忘れました。たしか酔っ払いがどうとか……?? うーん、やっぱ忘れた。弁当は注文してから焼いてくれるのですが、これ持ったまま買い物を続けたので、食べる頃には普通に冷めてました。

 

駅構内のショップでお土産、コンビニでビールや枝豆などを大量に仕入れ、ホテルにて晩餐をしつつ2日目も無事に終わりました。

 

 

参加中


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ  

広告

 

【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com

PVアクセスランキング にほんブログ村

ABOUTこの記事をかいた人

地方都市(田舎成分多め)在住のアラフォーおひとりさま。 2015年9月より1Kの賃貸で一人暮らし開始。 身も心もシンプルイズベストな暮らしを目指しつつ好き勝手に生きてます。