地下アイドルに会いに行ってきました。

11月23日、良い天気。絶好の行楽日和!

かねてより計画していたスーパー地下アイドルに会いに行ってきましたー。

目的地は生野銀山。

生野銀山
国史跡「竹田城跡」公式ホームページ | 朝来市

天空の城としても有名な竹田城跡の近くにあるので、アイドルに会った後はそちらへも行くことにしました。さすがに雲海は見られないだろうけど、紅葉は堪能できるはず。

朝9時半頃の道中。まだまだ竹田城まで距離はあるけど、今頃きっと綺麗な雲海が見えているだろうなーって感じの風景。このあと目の前の霧の町の中を突っ切っていきました。

到着。

生野銀山は真面目な観光地なのですが、

銀山ボーイズという60人のアイドルがいるそうです。

お土産屋にいるアイドル↑

CDも出てるみたい。面白すぎて2回も見ちゃったわ。楽しい。

では早速アイドルが仕事しているとこに行ってきまーす。

坑道の入り口に背を向けたアイドルを1人発見。

アイドルたちの多くは坑道の出入口付近にいました。

坑道の外にも。

当時の銀山での過酷な仕事の様子を伝えてくれています。

坑道内をくるっと一周してだいたい40分、一年を通して気温が13℃ということなので夏は涼しく冬は暖かそうです。うっかりアイドルの写真撮るのに夢中になってると、上から水が滴ってくるので要注意。

そばに資料館もあってかなり見ごたえがありました。どう見ても日本人にしか見えない詳細不明のフランス人の写真に友人と2人でなぜか大受け。

お土産屋さんの2階が食堂。

よもぎうどんが気になったけど、やたらとハヤシライス推しだったので。

お土産はもちろん、

埋蔵金チョコ!!

2種類あったので両方買いました。↑のと箱タイプ↓

この山吹色のお菓子が全て本物の金だったらどれほどいいことか…(無職なので夢を見がちです)。

どうでもいいけど、この日は楽天カードでの決済に不具合が出ていたようで「使えないんです、ごめんなさい」とお店の人に言われて現金払い。超不便だった。やっぱどうでもよくない!

 

この後は、竹田城跡を少し離れたところから見ることができるという立雲峡へ。第3から始まって第1展望台がおすすめとのこと。かなり急な階段をえっちらおっちら登っていくので、翌日の筋肉痛は必至。

第3展望台から見た竹田城跡

 

第2展望台から見た竹田城跡

 

第1展望台から見た竹田城跡。雲海に覆われてたらさぞや見事な景色だろうと容易に想像できる風景が目の前に広がっていました。雲海はないけどススキが綺麗。

 

第1展望台からのアップ竹田城跡

 

道中に見つけたお気に入りのミニ松ぼっくり。

立雲峡を降りた後は竹田駅(城跡まで行ける道がある)まで行ったけど、徒歩で片道40分、バスで行っても20分は歩かなければならないと知り行くのは止めました。

疲れたから帰りの道の駅で休憩~。

とち餅入りのぜんざいと、駅長おすすめの豚まんで疲れを癒す。

生野銀山、なかなか面白いところでした。アイドルなしでも結構興味深い。CMにもなった竹田城跡の方が有名でしょうけど、車なら寄り道の距離なのでこちらもおすすめ。

久々に充実した1日を過ごした気がする!

次にこっち方面に遊びに来るときは、就職して丹波牛食べてやるぞー!

おしまい。