財布についての考察




そうだ、財布を替えよう。

新年早々軽率に思い立ち、思い立ったが吉日。

早速、この後数年間は私のかけがえのない相棒となる財布を探すべく、ネットの海へと旅立ちました。

 

ネットで買うか実店舗で買うかは不明ですが、リサーチは断然ネット一択です。

寒い中店を回る手間ひまが省略でき、条件付きでピンポイントに検索できる利便性は何物にも代えがたいです。

いつもはその場の思い付きで衝動買いして失敗しているので、今年は理性的な人となるため、事前に情報をまとめ、メリット・デメリットなどを検討し、しかるべき時に未来の相棒を決めたいと思います。

日々いい加減に生きてますが、今年の私は一味違うのです。

 

1.今使っている財布について

ダコタの長財布です。

ネットで探し、近所の実店舗に通って色や手触り、使い勝手(が良さそうかどうか)を何度も確かめ納得したのち、ネットでオマケ付で安く買うという酷い方法で手に入れました。

カードはたくさん入るし(16枚)、お札入れ2か所、小銭入れも中で2つに仕切られていて便利、内側にも外側にもポケットが付いているから一時的なチケット入れなどとして利用可。

それでいて見た目シンプル。もちろん使い勝手もイイ。

選んだ私、さすが! 5年は使ったかな。

見た目が薄汚れてきました。

全く同じものか、色違いの同じものを買い替えようかなと考えたのですが、唯一の欠点というか、最近気になりはじめたことがあるのです。

 

気になるところ

諭吉と一葉の角っこがちょこっと折れるのです。

財布 これ。

※「角っこ(かどっこ)」という表現が気になって調べたら方言らしいですが、このままでいきます。

過去、諭吉(一万円札)と一葉&稲造(五千円札)とはさほど縁のない生活を送っていたせいか、気づきませんでした。

英世(千円札)は綺麗におさまるのですが、それより少し大きなサイズになると、財布のマチの部分とお札とがぶつかって、紙幣であるお札の方が折れる。

これがまたプチストレス。

何度直しても、次に財布を開けると必ず折れている…。

家計の見直しをして、諭吉と長時間いっしょにいられるようになって喜ぶべきところですが、新たな悩みも生まれてしまいました。

これが持てる者の悩みというやつでしょうか。この歳になって初めて知りました。

 

2.候補を絞るための条件を決める。

2-1.見た目をどうするか

二つ折り財布か長財布か。

人が財布を選ぶとき、一番最初に悩むのは形状でしょう。まぁ色でもいいですけど。

二つ折り財布の利点は、なんといってもコンパクトに持ち歩けるという所ですね。

私も旅行時などは、旅行で使わないカード類を持ち歩きたくない&荷物を小さくしたいという理由で、二つ折りへと中身を入れ替えて持つこともあります。

だがしかし、普段使いはだんぜん長財布派。

というのも、二つ折りと長財布を交代で使うという実験を行った時期があり、その結果、私の軍配は長財布に上がったという経緯があるからです。どちらが合うかは人によって違いますから実体験、大切。

 

  • ぱかっと開けて全体が見渡せる(財布の中身が一目瞭然)
  • マチ付でがばっと開ける(小銭も取り出しやすい、入れやすい)
  • お札を折らなくてよい(二つ折りだとゆるく折り痕がつく)
  • 鞄の中で財布を探さなくても良い(それなりの大きさなので目立つ)

 

このあたりが私が長財布を持つ理由です。

日常使い用財布としては、やはり探すベースは長財布ですかね。

 

2-2.どんな機能を求めるか
  • お札が入る
  • 小銭が入る
  • カードも数枚入る

この3つがクリアできていれば良いです。

上記の中で一番優先順位が高いのは「お札入れ」の部分。今の不満点を解消すべく角っこが折れないが必須条件となります。

2番目は「小銭入れ」。入れやすさ、取り出しやすさの他、小銭が入る量も大事です。たまにどっさりお釣りをもらって小銭王になりますからね。できれば今みたいに小銭をジャラジャラ入れても膨らまない財布がいいです。

3番目のカードですが、現在財布に入っているのは、免許証・保険証・クレジットカード(1枚)・キャッシュカード(2枚)・ポイントカード(2枚)・会社のセキュリティーカード・通院中の病院のカードの計9枚です。

あれ? キャッシュカードは別に持ち歩かなくてもいいかな。マイナス2枚。

ポイントカードも2枚をまとめて収納しても良さそうな厚み。マイナス1枚。

よってカード類が6枚入る財布が好ましいです。

 

2-3.どんな色にするか

何色の財布を選ぶかは好みですが、一応調べてみました。

風水的には「赤」「青」は避けた方がよい色とのこと。

赤=火で、金運を燃やしてしまう→出費が増える(家計が火の車)。

青=水で、お金を流してしまう→お金を湯水のように使う。

 

ほほう、風水を気にしたことないので、初めて知りました。

私が持っている財布は茶色です。歴代財布もだいたい茶色系でした。

茶色は土で、金運を育てて上昇させてくれるそうです。あっ、風水、当てにならないですね。私の金運、決して良いとはいえない状態でしたよ。借金(奨学金)もありましたし。

 

色については、風水の事は気にせず引き続き好きな色を選ぼうと思います。

やっぱり茶色系が落ち着きます。

 

2-4.そのほかのこと

財布にお守りを入れているので、そのスペースがあれば嬉しいですが、必須ではありません。風水は信じないけどお守りは信じているので、財布に入らないなら、別にお守りの居場所を作らねばなりません。

財布のことを調べると色々出てきます。

  • お札と小銭は別々に持った方がいい。
  • 免許証や保険証は財布に入れない方がいい。
  • カード類やレシートでパンパンに膨らんだ財布はお金に好かれない。
  • お金を使う時(精算でお金を出す時)は感謝の言葉を述べると、またお金が帰ってきてくれる。
  • 財布に入れるのは新札が良い。
  • 帰宅したら、財布を鞄から出して定位置に置く(財布の寝床を作る)。
  • 財布の寿命(使い続ける期間)は三年。過ぎると財布のエネルギーがなくなってお金が貯まらなくなっていく。

読み物としては面白いですが、全部信じているとパンクしそうですね。

こういう時こそ取捨選択。多種多様な価値観があるなーくらいの気分で、自分にとって役立つ情報だけいただくことにします。

 

3.いくつか候補を挙げる

私の相棒の条件としては、

  1. お札の角っこが折れない財布(譲れない。財布のサイズは犠牲にしても良い)
  2. 小銭入れに余裕があると嬉しい(譲れる)
  3. カード類は6枚程度入れば文句なし(譲れる)
  4. 色は茶色系(こだわらない)
  5. お守りが入れば尚良し(こだわらない)

という5つを満たす財布を探せばよいことに決まりました。

妥協できる条件も多いので、「お札の角が折れない」さえ満たせばあとはユルユルですね。

ベースは長財布、条件を満たしてピンとくるものがあれば二つ折りも候補に挙げることにしました。

 

3-1.風琴マチの存在を知る。

上記の条件を満たす財布を探すうち、風琴マチ(ふうきんまち)という物があることを知りました。

普通の長財布の場合、マチが内側に向かって折れているのです。そのため私が不満に感じる「お札の角っこが折れる」現象が生まれます。

財布 内側のマチ(赤丸の部分)

 

反対に、マチが外側に折れるのが風琴マチ。これならお札とマチがぶつからず、角っこが折れる心配がなくなります。

風琴マチは日本独自の技術だそうです。なんとすばらしい。風琴マチを選ばない理由がありませんね。風琴マチの財布を選ぶことに決めました。

 

3-2.候補に挙がった財布たち

以上を踏まえて検索した結果です。

まずは風琴マチの長財布。

女性用の風琴マチの財布は、あまり数が多くないようです。

 

次に風琴マチにこだわならい財布。L字ファスナーなら、お札の折れをそれほど心配しなくて良さそうです。

楽天市場でよくランキング上位に入っている長財布と、そこらじゅうで高評価の二つ折り財布。

デザインといい仕様といい、コンパクトなエムピウは二つ折りだけど買ってみたくなる財布です。心がぐらぐら揺れます。

 

4.ただいま吟味中

予算の事を書き忘れていました。できれば2万円を超えないものを、と考えています。

予算を加味すると、松阪レザー(憧れの風琴マチ)とエムピウ(使いやすそう)の間で揺れています。

うーん。

4つの財布とも地元の実店舗に置いてないので、ネット上の情報とレビューに頼るしかないのが悩ましいところです。……決めきれない。

2月中に買うと決めているので、ひとまず4候補をお気に入りに放り込んで、来る購入日まで悩み抜きたいと思います。

参加中


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ  

広告

 

【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com

PVアクセスランキング にほんブログ村

ABOUTこの記事をかいた人

地方都市(田舎成分多め)在住のアラフォーおひとりさま。 2015年9月より1Kの賃貸で一人暮らし開始。 身も心もシンプルイズベストな暮らしを目指しつつ好き勝手に生きてます。