罪悪感なくパンを食べたい人におすすめのものとは

健康・ダイエット
健康・ダイエット
「パンが好きで毎日食べたいけど、糖質が気になる」

という人におすすめなのが、全粒粉で作ったパンです。

小麦粉で作ったパンに比べ、カロリーは低め、糖質も少なめ、なのに食物繊維やビタミン、ミネラルを多く含んでいます。

いわゆる健康的なパンというやつですね

今回は、パン好きさんにすすめたい「全粒粉」について書いてみたいと思います。

全粒粉とは

全粒粉とは小麦粉の一種で、小麦の表皮・胚芽・胚乳を粉にしたものです。

小麦の粒を全部挽いたもの=全粒粉ってことです

そのため、胚乳を粉にした小麦粉(薄力粉や強力粉など)に比べ、色は茶色く、触感もザラザラしています。

全粒粉と小麦粉の違い
全粒粉 小麦粉(薄力粉)
小麦のどの部分を使っているか 表皮・胚芽・胚乳 胚乳
茶色
触感 ザラザラ サラサラ
カロリー(100g当たり) 340kcal 368kcal
糖質量(100g当たり) 57g 73.4g
食物繊維(100g当たり) 11.2g 2.5g

ソフトな食感の小麦粉パンに比べ、全粒粉で作ったパンは歯ごたえがあります。

また全粒粉はグルテンフリーではありません。

小麦粉に比べれば少量ながらも、グルテンは含まれています。

お米で言うと、全粒粉は玄米って感じです

全粒粉に含まれている栄養について

さきほどの表を見て分かる通り、食物繊維を多く含んでいます。

他にも、ビタミンB1、鉄分などが豊富にあります。

食物繊維

野菜や海藻などに多く含まれています

腸内環境をととのえる作用があり、便秘予防に役立ちます。

水に溶けない不溶性食物繊維と、水に溶ける水溶性食物繊維があり、全粒粉には不溶性食物繊維が多く含まれています。

ビタミンB1

豚肉、レバー、豆類に多く含まれています

水に溶ける水溶性ビタミンで、穀物の胚芽部分に多く含まれています。皮膚や粘膜の健康を維持する働きを持ちます。

糖質からエネルギーを作る働きもしているため、不足すると、だるさを感じたり疲れやすくなります。

江戸時代に流行した「江戸わずらい(脚気)」は、ビタミンB1の不足によって起こりました。

鉄分

レバー、魚介類、大豆のほか、緑黄色野菜や海藻に多く含まれています
赤血球を作るのに必要な栄養素で、赤血球中にあるヘモグロビンの成分になっています。

全粒粉パンを食べよう

同じ食べるなら、栄養があって美味しいパンが食べたいですよね。

それなら、全粒粉を100%使ったパンを選んでみるのはいかがでしょうか。

ただ、私のように地方に住んでいる人間にとっては、全粒粉100%のパンを扱っているお店を探すこと自体が困難です。

そんな悩みを一瞬で解決するのが、自宅でホームベーカリー!

ナッツやドライフルーツを入れた、自分好みのパンを簡単に作れてしまうので、おすすめです。

全粒粉100%なんて、ボソボソしていて美味しくなさそう

一口食べて、そんな印象が180°変わりました。

普通の食パンに戻りたくないくらい美味しい!

ぜひ一度、試してみて下さい。

とりこになりますよ。

全粒粉を、毎月定期便でまとめて宅配して貰っています

天然酵母の全粒粉100%パンを毎日食べたいならホームベーカリーを買おう

コメント

タイトルとURLをコピーしました